アラート ルールの編集

デフォルトのアラート ルールでは、ルールの有効 / 無効状態、Minor、Major、Criticalの各アラートの条件、および期間を変更できます。カスタムのアラート ルールでは、これに加えてルールの名前、説明、推奨される対処方法を編集できます。

開始する前に

手順

  1. [Alarms]を選択します。次に、メニューの[Alerts (Preview)]セクションで[Rules]を選択します。
    [Alert Rules]ページが表示されます。
  2. 編集するアラート ルールのラジオ ボタンを選択します。
  3. [Edit Rule]を選択します。
    [Edit Rule]ダイアログ ボックスが表示されます。この例に表示されているのはデフォルトのアラート ルールで、名前、説明、および推奨される対処方法は編集できません。
    [Alerts] > [Edit Rule]
  4. [Enabled]チェック ボックスをオンまたはオフにして、このアラート ルールを有効にするかどうかを指定します。

    アラート ルールを無効にすると、ルールの式は評価されず、アラートはトリガーされません。

    注:アクティブなアラートのアラート ルールを無効にした場合は、アラートが[Alerts]ページに表示されなくなるまでに数分かかります。
  5. カスタムのアラート ルールの場合は、次の情報を必要に応じて更新します。
    注:この情報はデフォルトのアラート ルールでは編集できません。
    フィールド 説明
    Unique Name このルールの一意の名前。

    アラート ルール名は[Alerts]ページに表示され、Eメール通知の件名にもなります。アラート ルールの名前は1~64文字で指定できます。

    Description 発生している問題の説明。

    この説明は、[Alerts]ページとEメール通知にアラート メッセージとして表示されます。アラート ルールの説明は、1~128文字で指定できます。

    Recommended Actions (オプション)このアラートがトリガーされたときの推奨される対処方法。

    推奨される対処方法をプレーン テキスト(書式コードなし)で入力します。アラート ルールの推奨される対処方法は、0~1,024文字で指定できます。

  6. [Conditions]セクションで、1つ以上のアラート重大度レベルに対してPrometheus式を入力または更新します。
    注:編集したデフォルトのアラート ルールの条件を元の値に戻すには、変更した条件の右側にある3つの点をクリックします。
    アラート ルール:編集した条件をデフォルト値に戻す
    注:アクティブなアラートの条件を更新した場合は、更新前の条件が解決されるまで変更が適用されないことがあります。ルールのいずれかの条件が次回満たされた時点で、更新された値がアラートに反映されます。
    基本の式は、一般に次の形式をとります。
    [指標] [演算子] [値]

    式の文字数に制限はありませんが、ユーザ インターフェイスでは1行で表示されます。少なくとも1つの式が必要です。

    使用可能な指標を確認したり、Prometheus式をテストしたりするには、ヘルプ アイコン疑問符アイコンをクリックし、リンクからグリッド管理APIの[Metrics]セクションにアクセスします。

    グリッド管理APIの使用方法については、StorageGRIDの管理手順を参照してください。Prometheusクエリの構文の詳細については、Prometheus 2.3のドキュメントを参照してください。

    次の式では、あるノードに搭載されたRAMの容量が24,000,000,000バイト(24GB)未満である場合にアラートがトリガーされます。
    node_memory_MemTotal < 24000000000
  7. [Duration]フィールドに、条件が有効になってからアラートがトリガーされるまでの時間を入力し、時間単位を選択します。
    条件がtrueになった時点でアラートをトリガーする場合は、「0」を入力します。一時的な状況でアラートがトリガーされないようにするには、この値を大きくします。
    デフォルトは5分です。
  8. [Save]をクリックします。