アラート通知の設定

アラート発生時にEメール通知が送信されるようにするには、SMTP Eメール サーバを設定する必要があります。また、アラート通知の受信者のEメール アドレスを入力する必要があります。

開始する前に

タスク概要

アラートのEメール通知が送信されるようにするには、アラートEメール サーバを設定し、アラートEメール受信者を指定する必要があります。アラームとアラートは別々のシステムであるため、アラーム通知とAutoSupportメッセージに使用されるEメール設定は、アラート通知には使用されません。すべての通知に同じメール サーバを使用できますが、アラート システムではまだSMTPサーバ認証(ユーザ名とパスワード)がサポートされていません。

アラーム通知やAutoSupportメッセージと違い、現時点ではアラート通知は1つの管理ノードから送信されず(つまり「優先送信者」からは送信されません)、 すべてのサイトのすべての管理ノードからアラートEメールが送信されます。このため、各管理ノードからアラートEメールを送信できることを確認する必要があります。

手順

  1. [Alarms]を選択します。次に、メニューの[Alerts (Preview)]セクションで[Notifications]を選択します。
    [Notifications]ページが表示されます。
    [Alerts] > [Notifications] > アラート通知が無効になっている状態
  2. [Enable Alert Notifications]チェック ボックスをオンにして、アラートが設定されたしきい値に達したときに通知Eメールが送信されるようにします。
    [Email (SMTP) Server][Filters][Recipients]の各セクションが表示されます。
    [Alerts] > [Notifications]
  3. [Email (SMTP) Server]セクションで次の情報を入力します。
    フィールド 入力する内容
    Mail Server SMTPサーバの完全修飾ドメイン名(FQDN)またはIPアドレス。
    Port SMTPサーバへのアクセスに使用するポート。1~65535の範囲で指定する必要があります。
    Sender Email Address アラート通知の送信元アドレスとして使用する有効なEメール アドレス (例:storagegrid-alerts@example.com)。
  4. [Filters]セクションで、Eメール通知を送信するアラートの重大度レベルを選択します(特定のアラートのルールがサイレント化されていない場合)。
    オプション 説明
    Minor, major, critical アラート ルールのMinor、Major、Criticalのいずれかの条件が満たされたときに、Eメール通知が送信されます。
    Major, critical アラート ルールのMajorまたはCriticalの条件が満たされたときに、Eメール通知が送信されます。Minorアラートの場合、通知は送信されません。
    Critical only アラート ルールのCritical条件が満たされたときにのみ、Eメール通知が送信されます。MinorまたはMajorアラートの場合、通知は送信されません。
  5. [Recipients]セクションで、アラート発生時にEメールを受け取るEメール リストまたは個人のEメール アドレスを入力します。
    受信者を追加するには、プラス アイコンプラス アイコンをクリックします。
  6. Eメールの設定をテストする準備ができたら、次の手順を実行します。
    1. [Send Test Email]をクリックします。
      テスト用Eメールが送信されたことを示す確認メッセージが表示されます。
    2. すべてのEメール受信者の受信ボックスを調べて、テスト用Eメールが受信されたことを確認します。
      注:数分以内にEメールが受信されなかった場合は、設定を確認したうえで再試行してください。
    3. 他の管理ノードにサインインし、テスト用Eメールを送信してすべてのサイトからの接続を確認します。
  7. [Save]をクリックします。
    テスト用Eメールを送信しても設定は保存されません。[Save]をクリックする必要があります。
    Eメールの設定が保存されます。