削除または廃止された機能

一部の機能はStorageGRID 11.3で削除または廃止されています。下記の項目を確認し、アップグレードの前にクライアント アプリケーションの更新や設定の変更が必要かどうかを把握してください。

一時ストレージ プールの廃止

StorageGRID 11.3では、オブジェクトのグリッドへの取り込み方法が変更されたため、ILMルールでストレージ プールを一時的な場所として指定する機能が廃止されました。一時プールを使用する既存のILMルールは、これまでと同様に機能します。ただし、新しいルールでは一時プールを使用しないでください。

StorageGRIDの管理

CMSサービスの削除

StorageGRID 11.2で廃止されたCMS(コンテンツ管理システム)サービスが正式に削除されました。このサービスは、従来のILMシステムによってキューに登録されたオブジェクト データを管理していました。CMSの削除に伴い、内部でのグリッド ノードの通信にポート1503は必要なくなりました。

監査メッセージ要素の削除

次の監査メッセージ要素が廃止され、監査メッセージに表示されなくなりました。
  • ORLM(Object Rules Met)メッセージのSPAR(Security Partition ID)要素

アラームの削除

次のアラームが削除されました。

暗号スイートの削除と廃止

TLS 1.1暗号はサポートされなくなりました。

CBC暗号とSHA1暗号は廃止されました。これらの暗号は、11.3のS3サービスとSwiftサービスでサポートされなくなり、今後のリリースで完全に削除される予定です。

TLS_RSA_*暗号も廃止されました。次の暗号は、今後のリリースでサポートされなくなる予定です。
  • TLS_RSA_WITH_AES_128_GCM_SHA256
  • TLS_RSA_WITH_AES_256_GCM_SHA384

S3(Simple Storage Service)実装ガイド

Swift実装ガイド

SNMP設定の制限

StorageGRID 11.3でのSNMPの使用については、ネットアップの営業担当者にお問い合わせください。