ゲートウェイ ノードまたは非プライマリ管理ノードとしてのサービス アプライアンスの導入

サービス アプライアンスをゲートウェイ ノードまたは非プライマリ管理ノードとして導入する場合は、アプライアンスに組み込みのStorageGRIDアプライアンス インストーラを使用します。

開始する前に

タスク概要

StorageGRIDをサービス アプライアンス ノードにインストールするには、次の手順を実行します。
  • プライマリ管理ノードのIPアドレスおよびアプライアンス ノードの名前を指定または確認します。
  • インストールを開始し、ソフトウェアがインストールされるまで待ちます。

    アプライアンス ゲートウェイ ノードのインストールが一時停止します。インストールを再開するには、Grid Managerにサインインし、グリッド ノードをすべて承認し、StorageGRIDのインストール プロセスを完了します。非プライマリ管理ノードをインストールする場合、承認は必要ありません。

手順

  1. ブラウザを開き、アプライアンスのIPアドレスを入力します。
    https://Controller_IP:8443

    StorageGRIDアプライアンス インストーラのホームページが表示されます。

  2. [Primary Admin Node connection]セクションで、プライマリ管理ノードのIPアドレスを指定する必要があるかどうかを確認します。
    このデータセンターに他のノードがすでにインストールされている場合は、プライマリ管理ノードまたはADMIN_IPが設定された少なくとも1つのグリッド ノードが同じサブネットにあるという想定で、StorageGRIDアプライアンス インストーラが自動的にこのIPアドレスを検出します。
  3. このIPアドレスが表示されない場合や変更する必要がある場合は、アドレスを指定します。
    オプション 説明
    IPの手動入力
    1. [Enable Admin Node discovery]チェック ボックスをオフにします。
    2. IPアドレスを手動で入力します。
    3. [Save]をクリックします。
    4. 新しいIPアドレスでの接続状態がREADYになるまで待ちます。
    接続されたすべてのプライマリ管理ノードの自動検出
    1. [Enable Admin Node discovery]チェック ボックスをオンにします。
    2. 検出されたIPアドレスのリストが表示されるまで待ちます。
    3. このアプライアンス ストレージ ノードを導入するグリッドのプライマリ管理ノードを選択します。
    4. [Save]をクリックします。
    5. 新しいIPアドレスでの接続状態がREADYになるまで待ちます。
  4. [Node name]フィールドに、このアプライアンス ノードに使用する名前を入力し、[Save]をクリックします。
    このノード名は、StorageGRIDシステムでこのアプライアンス ノードに割り当てられ、 Grid Manager[Nodes]ページ([Overview]タブ)に表示されます。ノードを承認するときに、必要に応じて、この名前を変更できます。
  5. 別のバージョンのStorageGRIDソフトウェアをインストールする必要がある場合は、次の手順を実行します。
    1. ネットアップのStorageGRIDダウンロード ページからインストール アーカイブをダウンロードします。
    2. アーカイブを展開します。
    3. StorageGRIDアプライアンス インストーラから、[Advanced] > [Upload StorageGRID Software]を選択します。
    4. [Remove]をクリックして、現在のソフトウェア パッケージを削除します。

      アプライアンス インストーラ - 現在のソフトウェアの削除
    5. [Browse]をクリックしてダウンロードして展開したソフトウェア パッケージを指定し、次に[Browse]をクリックしてチェックサム ファイルを指定します。

      アプライアンス インストーラ - SGソフトウェアのアップロード
    6. ホームページに戻ります。
  6. [Installation]セクションで、現在の状態が「Ready to start installation of node name into grid with primary Admin Node admin_ipであることと、[Start Installation]ボタンが有効になっていることを確認します。
    [Start Installation]ボタンが有効になっていない場合は、ネットワークまたはポートの設定変更が必要な可能性があります。手順については、使用しているアプライアンスのインストールとメンテナンスの手順を参照してください。
  7. StorageGRIDアプライアンス インストーラのホームページで、[Start Installation]をクリックします。


    アプライアンス インストーラのホーム - 非プライマリ管理ノードのインストール

    現在の状態が「Installation is in progress」に変わり、[Monitor Installation]ページが表示されます。

    注:[Monitor Installation]ページに手動でアクセスする必要がある場合は、メニュー バーの[Monitor Installation]をクリックします。
  8. グリッドに複数のアプライアンス ノードがある場合は、アプライアンスごとに上記の手順を繰り返します。