SG6060:オプションの拡張シェルフのケーブル接続

拡張シェルフを使用する場合は、E2860コントローラ シェルフに拡張シェルフを接続する必要があります。各SG6060アプライアンスに最大2台の拡張シェルフを使用できます。

開始する前に

  • それぞれの拡張シェルフに付属の2本のSASケーブルを用意しておきます。
  • Eシリーズの手順書を参照できるようにしておきます。

手順

  1. 次の図に示すように、それぞれの拡張シェルフをE2860コントローラ シェルフに接続します。
    この図は、2台の拡張シェルフを示しています。拡張シェルフが1台しかない場合は、IOM AをコントローラAに接続し、IOM BをコントローラBに接続します。

    SG6060拡張シェルフの接続
    1 SG6000-CN
    2 E2860コントローラ シェルフ
    3 コントローラA
    4 コントローラB
    5 拡張シェルフ1
    6 拡張シェルフ1のIOM A
    7 拡張シェルフ1のIOM B
    8 拡張シェルフ2
    9 拡張シェルフ2のIOM A
    10 拡張シェルフ2のIOM B