イレイジャー コーディング プロファイルの設定

イレイジャー コーディング プロファイルを設定するには、ストレージ プールをイレイジャー コーディング スキーム(6+3など)と関連付けます。これで、ILMルールの配置手順を設定する場合に、イレイジャー コーディング プロファイルを選択できるようになります。オブジェクトがルールに一致した場合、イレイジャー コーディング スキームに従ってデータ フラグメントとパリティ フラグメントが作成され、ストレージ プール内の格納場所に分散されます。