シングルコピー レプリケーションを使用しない理由

レプリケート コピーを作成するILMルールを作成するときは、配置手順の任意の期間に少なくとも2つのコピーを指定する必要があります。

注意: ある期間にレプリケート コピーを1つしか作成しないILMルールには、データが永続的に失われるリスクがあります。オブジェクトのレプリケート コピーが1つしか存在しない場合、ストレージ ノードに障害または重大なエラーが発生すると、そのオブジェクトは失われます。また、アップグレードなどのメンテナンス作業中は、オブジェクトへのアクセスが一時的に失われます。

次の例では、Make 1 Copy ILMルールによって、3つのストレージ ノードからなるストレージ プールにオブジェクトのレプリケート コピーを1つ配置するように指定しています。このルールに一致するオブジェクトが取り込まれると、StorageGRIDは1つのコピーを1つのストレージ ノードにのみ配置します。


ILMレプリケーションでコピーを1つ作成

オブジェクトのレプリケート コピーを1つしか作成しないILMルールの場合、ストレージ ノードが使用できなくなるとオブジェクトにアクセスできなくなります。この例では、アップグレードやその他のメンテナンス手順の実行中など、ストレージ ノード2がオフラインになるとオブジェクトAAAへのアクセスが一時的に失われます。ストレージ ノード2で障害が発生すると、オブジェクトAAAが完全に失われます。


ILMレプリケーションでコピーを1つ作成:SNで障害が発生
オブジェクト データが失われないようにするには、レプリケーションで保護するすべてのオブジェクトのコピーを常に2つ以上作成する必要があります。コピーが複数あれば、1つのストレージ ノードで障害が発生した場合やオフラインになった場合でもオブジェクトにアクセスできます。
ILMレプリケーションでコピーを2つ作成:SNで障害が発生