クラウド ストレージ プールのトラブルシューティング

クラウド ストレージ プールの作成、編集、または削除時にエラーが発生した場合は、以下に記載するトラブルシューティング手順を実行して問題を解決してください。

エラーが発生したかどうかの確認

StorageGRIDは、各クラウド ストレージ プールで簡単な健全性チェックを1分に1回実行して、クラウド ストレージ プールにアクセスできること、およびクラウド ストレージ プールが正常に機能していることを確認します。健全性チェックで問題が検出されると、[Storage Pools]ページのクラウド ストレージ プール テーブルの[Last Error]列にメッセージが表示されます。

このテーブルには、各クラウド ストレージ プールで検出された最新のエラーおよびエラーが発生してからの時間が表示されます。


クラウド ストレージ プールのエラー

また、過去5分以内に新しいクラウド ストレージ プール エラーが発生したことが健全性チェックで検出された場合は、Cloud Storage Pool connectivity errorアラートがトリガーされます。このアラートのEメール通知を受信した場合は、[Storage Pool]ページ([ILM] > [Storage Pools]を選択)に移動し、[Last Error]列のエラー メッセージを確認して、以下のトラブルシューティングのガイドラインを参照してください。

エラーが解決されたかどうかの確認

エラーの原因となっている問題を解決したら、エラーが解決されたかどうかを確認できます。クラウド ストレージ プール ページで、エンドポイントのラジオ ボタンを選択し、[Clear Error]をクリックします。StorageGRIDクラウド ストレージ プールのエラーをクリアしたことを示す確認メッセージが表示されます。


クラウド ストレージ プールのエラー解決メッセージ

根本的な問題が解決されると、エラー メッセージは表示されなくなります。ただし問題が解決されていない(または別のエラーが発生した)場合は、数分以内に[Last Error]列にエラー メッセージが表示されます。

エラー:This Cloud Storage Pool contains unexpected content

クラウド ストレージ プールを作成、編集、または削除しようとすると、このエラーが発生する場合があります。このエラーは、バケットまたはコンテナにx-ntap-sgws-cloud-pool-uuidマーカー ファイルが含まれているが、想定されるUUIDがファイルにない場合に発生します。

通常、このエラーが表示されるのは、新しいクラウド ストレージ プールを作成していて、StorageGRIDの別のインスタンスがすでに同じクラウド ストレージ プールを使用している場合のみです。

この問題を修正するには、以下の手順を実行します。

  • 組織内のユーザがこのクラウド ストレージ プールを使用していないことを確認します。
  • x-ntap-sgws-cloud-pool-uuidファイルを削除して、クラウド ストレージ プールの設定をやり直します。

エラー:Could not create or update Cloud Storage Pool. Error from endpoint

クラウド ストレージ プールを作成または編集しようとすると、このエラーが発生する場合があります。このエラーは、何らかの接続または設定の問題が原因でStorageGRIDクラウド ストレージ プールに書き込めないことを示しています。

この問題を修正するには、エンドポイントからのエラー メッセージを確認します。
  • エラー メッセージに「Get url: EOF」が含まれている場合は、クラウド ストレージ プールに使用するサービス エンドポイントにおいて、HTTPSを必要とするコンテナまたはバケットにHTTPプロトコルが使用されていないことを確認します。
  • エラー メッセージに「Get url: net/http: request canceled while waiting for connection」が含まれている場合は、ストレージ ノードからクラウド ストレージ プールに使用するサービス エンドポイントへのアクセスがネットワーク構成で許可されていることを確認します。
  • その他のすべてのエンドポイント エラー メッセージについては、この問題を修正するには、以下の手順をいくつか実行してください。
    • クラウド ストレージ プール用に入力した名前と同じ名前の外部コンテナまたはバケットを作成して、新しいクラウド ストレージ プールをもう一度保存します。
    • クラウド ストレージ プール用に指定したコンテナまたはバケット名を修正して、新しいクラウド ストレージ プールをもう一度保存します。

エラー:Failed to parse CA certificate

クラウド ストレージ プールを作成または編集しようとすると、このエラーが発生する場合があります。このエラーは、クラウド ストレージ プールの設定時に入力した証明書をStorageGRIDが解析できなかった場合に発生します。

この問題を修正するには、指定したCA証明書に問題がないかどうかを確認します。

エラー:A Cloud Storage Pool with this ID was not found

クラウド ストレージ プールを編集または削除しようとすると、このエラーが発生する場合があります。このエラーは、次のいずれかの理由でエンドポイントが404応答を返した場合に発生します。
  • クラウド ストレージ プールに使用されたクレデンシャルにバケットの読み取り権限がありません。
  • クラウド ストレージ プールに使用されたバケットにx-ntap-sgws-cloud-pool-uuidマーカー ファイルが含まれていません。
この問題を修正するには、以下の手順をいくつか実行します。
  • 設定したアクセス キーに関連付けられているユーザに必要な権限があることを確認します。
  • 必要な権限があるクレデンシャルを使用してクラウド ストレージ プールを編集します。
  • 権限が正しい場合は、サポートに問い合わせます。

エラー:Could not check the content of the Cloud Storage Pool. Error from endpoint

クラウド ストレージ プールを削除しようとすると、このエラーが発生する場合があります。このエラーは、何らかの接続または設定の問題が原因でStorageGRIDクラウド ストレージ プール バケットのコンテンツを読み取れないことを示しています。

この問題を修正するには、エンドポイントからのエラー メッセージを確認します。

エラー:Objects have already been placed in this bucket

クラウド ストレージ プールを削除しようとすると、このエラーが発生する場合があります。ILMによって移動されたデータ、クラウド ストレージ プールの設定前にバケットに配置されていたデータ、またはクラウド ストレージ プールの作成後にその他のソースによってバケットに配置されたデータが含まれているクラウド ストレージ プールを削除することはできません。

この問題を修正するには、以下の手順をいくつか実行します。
  • クラウド ストレージ プール オブジェクトのライフサイクルの手順に従って、オブジェクトをStorageGRIDに戻します。
  • 残っているオブジェクトがILMによってクラウド ストレージ プールに配置されていないことが確実な場合は、オブジェクトをバケットから手動で削除します。
    注: ILMによって配置された可能性のあるオブジェクトは絶対にクラウド ストレージ プールから手動で削除しないでください。手動で削除したオブジェクトにあとでStorageGRIDからアクセスしようとしても、そのオブジェクトは見つかりません。

エラー:Proxy encountered an external error while trying to reach the Cloud Storage Pool

ストレージ ノードとクラウド ストレージ プールに使用する外部のS3エンドポイントの間に非透過型ストレージ プロキシを設定した場合に、このエラーが発生する可能性があります。このエラーは、外部プロキシ サーバがクラウド ストレージ プール エンドポイントに到達できない場合に発生します。たとえば、DNSサーバがホスト名を解決できない場合や、外部ネットワークの問題が存在する場合があります。

この問題を修正するには、以下の手順をいくつか実行します。
  • クラウド ストレージ プールの設定を確認します([ILM] > [Storage Pools])。
  • ストレージ プロキシ サーバのネットワーク構成を確認します。