StorageGRIDネットワークに関するガイドライン

StorageGRIDでは、グリッド ノードあたり最大3つのネットワーク インターフェイスがサポートされ、各グリッド ノードのネットワークをセキュリティやアクセスの要件に応じて設定することができます。

注: グリッド ノードのネットワークを変更または追加するには、リカバリとメンテナンスの手順を参照してください。ネットワーク トポロジの詳細については、『グリッド入門』およびご使用の環境のインストール手順を参照してください。

グリッド ネットワーク

必須。グリッド ネットワークは、StorageGRIDのすべての内部トラフィックに使用されます。このネットワークによって、グリッド内のすべてのノードが、すべてのサイトおよびサブネットにわたって相互に接続されます。

管理ネットワーク

任意。通常、管理ネットワークは、システムの管理とメンテナンスに使用されます。また、クライアント プロトコル アクセスにも使用できます。管理ネットワークは通常はプライベート ネットワークであり、サイト間でルーティング可能にする必要はありません。

クライアント ネットワーク

任意。クライアント ネットワークはオープン ネットワークで、主にS3 / Swiftクライアント アプリケーションへのアクセスに使用されます。そのため、グリッド ネットワークを分離してセキュリティを確保できます。クライアント ネットワークは、ローカル ゲートウェイ経由でアクセス可能なすべてのサブネットと通信できます。

ガイドライン