S3 APIの接続設定

S3インターフェイスを使用してアーカイブ ノードに接続する場合は、S3 APIの接続を設定する必要があります。これらの設定が完了するまでARCサービスは外部アーカイブ ストレージ システムと通信できないため、Majorアラーム状態のままです。

開始する前に

手順

  1. [Support]を選択します。次に、メニューの[Tools]セクションで[Grid Topology]を選択します。
  2. [Archive Node] > [ARC] > [Target]を選択します。
  3. [Configuration] > [Main]をクリックします。

    アーカイブ ノードの設定ページ
  4. [Target Type]ドロップダウン リストから[Cloud Tiering - Simple Storage Service (S3)]を選択します。
    注: 各設定は、ターゲット タイプを選択するまでは指定できません。
  5. アーカイブ ノードからターゲットの外部のS3対応アーカイブ ストレージ システムへの接続に使用するクラウドの階層化(S3)アカウントを設定します。

    このページのフィールドのほとんどは分かりやすいもので、説明を必要としません。以下は、説明が必要なフィールドです。

    • Region:[Use AWS]を選択した場合にのみ使用可能です。バケットのリージョンと同じリージョンを選択する必要があります。
    • Endpoint / Use AWS:Amazon Web Services(AWS)の場合は[Use AWS]を選択します。[Bucket Name]および[Region]の設定に基づいて、[Endpoint]にエンドポイントのURLが自動的に入力されます。次に例を示します。 https://bucket.region.amazonaws.com

      AWS以外のターゲットの場合は、バケットをホストしているシステムのURLを、ポート番号を含めて入力します。次に例を示します。 https://system.com:1080

    • End Point Authentication:デフォルトで有効になっています。外部アーカイブ ストレージ システムへのネットワークが信頼されている場合は、このチェック ボックスをオフにして、ターゲットの外部アーカイブ ストレージ システムに対するエンドポイントのSSL証明書およびホスト名の検証を無効にすることができます。StorageGRIDシステムの別のインスタンスがターゲットのアーカイブ ストレージ デバイスであり、システムに公開署名された証明書が設定されている場合、このチェック ボックスはオンのままでかまいません。
    • Storage Class:通常のストレージの場合は、[Standard (Default)]を選択します。簡単に再作成可能なオブジェクトの場合にのみ、[Reduced Redundancy]を選択します。Reduced Redundancy を選択すると、低コストで信頼性の低いストレージが提供されます。ターゲットのアーカイブ ストレージ システムがStorageGRIDシステムの別のインスタンスで、オブジェクトの取り込み時にデュアル コミットが使用される場合、[Storage Class]によってターゲット システムでの取り込み時に作成されるオブジェクトの中間コピーの数が決まります。
  6. [Apply Changes]をクリックします。
    指定した設定が検証され、StorageGRIDシステムに適用されます。いったん設定したターゲットは変更できません。