ILMルールとは

オブジェクトを管理するには、一連の情報管理ライフサイクル(ILM)ルールを作成して1つのILMポリシーにまとめます。システムに取り込まれた各オブジェクトは、アクティブ ポリシーに照らして評価されます。ポリシー内のルールがオブジェクトのメタデータに一致すると、ルールの手順に従って、StorageGRIDがそのオブジェクトをコピーして格納します。

ILMルールでは次の内容を定義します。
  • 格納するオブジェクト。すべてのオブジェクト、特定のテナント アカウントまたはバケット / コンテナに属するオブジェクト、または特定のメタデータ値を含むオブジェクトにルールを適用できます。
  • ストレージのタイプと場所。オブジェクトは、ストレージ ノード、クラウド ストレージ プール、またはアーカイブ ノードに格納できます。
  • 作成するオブジェクト コピーのタイプ。レプリケート コピーまたはイレイジャー コーディング コピーを作成できます。
  • (レプリケート コピーの場合)作成するコピーの数。
  • (イレイジャー コーディング コピーの場合)使用するイレイジャー コーディング スキーム。
  • オブジェクトのストレージの場所とコピーのタイプの経時的変化。
  • オブジェクトがグリッドに取り込まれるときにオブジェクト データを保護する方法(同期配置またはデュアル コミット)。

オブジェクト メタデータはILMルールによって管理されません。代わりに、オブジェクト メタデータはメタデータ ストア内のCassandraデータベースに格納されます。データを損失から保護するために、オブジェクト メタデータの3つのコピーが各サイトで自動的に維持されます。これらのコピーはすべてのストレージ ノードに均等に分散されます。

ILMルールの要素

ILMルールには次の3つの要素があります。
  • フィルタ条件:ルールの基本および高度なフィルタ条件によって、ルールを適用するオブジェクトが定義されます。オブジェクトがフィルタ条件に一致する場合、StorageGRIDはルールを適用し、ルールの配置手順で指定されたオブジェクト コピーを作成します。
  • 配置手順:ルールの配置手順によって、オブジェクト コピーの数、タイプ、および場所が定義されます。各ルールに一連の配置手順を含めて、時間の経過とともにオブジェクト コピーの数、タイプ、場所を変更することができます。1つの配置の期間が終了すると、次の配置手順が次回のILM評価で自動的に適用されます。
  • 取り込み動作:ルールの取り込み動作は、S3またはSwiftクライアントがオブジェクトをグリッドに保存する際の処理を定義します。取り込み動作は、ルールの手順に従ってオブジェクト コピーがすぐに配置されるか、または中間コピーが作成されて配置手順があとから適用されるかを制御します。

ILMルールの例

次のILMルールの例は、テナントAに属するすべてのオブジェクトに適用されます。これらのオブジェクトのレプリケート コピーを3つ作成し、各コピーを別々のデータセンターに2年間格納します。2年後、1つのコピーがアーカイブ ストレージに移動されて無期限に保存され、残りの2つのコピーは削除されます。

このルールでは、取り込み動作として[Balanced]オプションを使用します。テナントAがオブジェクトをStorageGRIDに保存するとすぐに3コピーの配置手順が適用されます。ただし、必要な3つのコピーすべてをただちに作成することができない場合は例外です。この場合、StorageGRIDは2つの中間コピーを2つのストレージ ノードにただちに作成し、必要なコピーをあとで作成します。

3コピーのルールの例