イベントトリガー型AutoSupportメッセージの無効化

デフォルトでは、StorageGRIDシステムは、重大なシステム イベントが発生したときにネットアップ サポートにAutoSupportメッセージを送信するよう設定されています。

開始する前に

タスク概要

イベントトリガー型AutoSupportメッセージはいつでも無効にすることができます。
注: システム全体でEメール通知を停止([Configuration] > [Display Options]ページの[Notification Suppress All]を選択)すると、イベントトリガー型AutoSupportメッセージも停止されます。イベントトリガー型AutoSupportメッセージは[Event-Triggered AutoSupport]ページの[Enabled]チェック ボックスがオンになっている場合にも停止されます。ただし、システム全体でEメール通知を停止しても、週次、ユーザトリガー型、またはオンデマンドのAutoSupportメッセージは停止されません。

手順

  1. [Support]を選択します。次に、メニューの[Tools]セクションで[AutoSupport]を選択します。
  2. [AutoSupport]メニューから[Event-triggered]を選択します。
  3. [Enabled]チェック ボックスをオフにします。

    イベントトリガー型AutoSupport
  4. [Apply Changes]をクリックします。