ILMルールでの高度なフィルタの使用

高度なフィルタを使用すると、オブジェクトのメタデータに基づいて特定のオブジェクトにのみ適用するILMルールを作成できます。ルールに対して高度なフィルタを設定するには、照合するメタデータのタイプを選択し、演算子を選択して、メタデータ値を指定します。オブジェクトが評価されると、高度なフィルタに一致するメタデータを含むオブジェクトにのみILMルールが適用されます。

次の表は、高度なフィルタで指定できるメタデータ タイプ、各タイプのメタデータに使用できる演算子、および想定されるメタデータ値を示しています。

メタデータ タイプ サポートされる演算子 メタデータ値 オブジェクト タイプ
S3 Swift

Ingest Time(マイクロ秒)

  • equals
  • does not equal
  • less than
  • less than or equals
  • greater than
  • greater than or equals

オブジェクトが取り込まれた時刻と日付。

注: 新しいILMポリシーをアクティブ化する際のリソースの問題を回避するために、大量の既存オブジェクトの場所を変更する可能性があるルールでは、高度なフィルタとして取り込み時間を使用できます。新しいポリシーが適用されるおおよその時間よりもあとに取り込み時間を設定することで、既存のオブジェクトが不必要に移動されることを回避できます。

Key

  • equals
  • does not equal
  • contains
  • does not contain
  • starts with
  • does not start with
  • ends with
  • does not end with

一意のS3 / Swiftオブジェクト キーのすべてまたは一部。

たとえば、.txtで終わるオブジェクトやtest-object/で始まるオブジェクトを照合できます。

Last Access Time(マイクロ秒)

  • equals
  • does not equal
  • less than
  • less than or equals
  • greater than
  • greater than or equals
  • exists
  • does not exist

オブジェクトが最後に読み出された(読み取られた、または表示された)時刻と日付。

注: 高度なフィルタとして最終アクセス時間を使用する場合は、S3バケットまたはSwiftコンテナに対して[Last Access Time Updates]を有効にする必要があります。

Location Constraint(S3のみ)

  • equals
  • does not equal

S3バケットが作成されたリージョン。[ILM] > [Regions]を使用して、表示されるリージョンを定義します。

注: 値us-east-1は、us-east-1リージョンで作成されたバケット内のオブジェクト、およびリージョンが指定されていないバケット内のオブジェクトに一致します。

詳細については、リージョンの設定を参照してください。

×

Object Size(MB)

  • equals
  • not equals
  • less than
  • less than or equals
  • greater than
  • greater than or equals

オブジェクトのサイズ(MB)。

1MBより小さいオブジェクト サイズでフィルタリングするには、小数値を入力します。たとえば、200KB以下のオブジェクトにイレイジャー コーディングが使用されないようにするルールの場合は、高度なフィルタとして「0.2」(200KB)と入力します。
注: ブラウザのタイプとロケールの設定によって、小数点としてピリオドまたはカンマを使用する必要があるかどうかが制御されます。

User Metadata

  • contains
  • ends with
  • equals
  • exists
  • does not contain
  • does not end with
  • does not equal
  • does not exist
  • does not start with
  • starts with

キーと値のペア。[User Metadata Name]がキー、[User Metadata Value]が値です。

たとえば、color=blueというユーザ メタデータを含むオブジェクトでフィルタリングするには、[User Metadata Name]にcolor、演算子にequals、[User Metadata Value]にblueを指定します。

注: ユーザ メタデータの名前では大文字と小文字が区別されませんが、値では大文字と小文字が区別されます。

Object Tag(S3のみ)

  • contains
  • ends with
  • equals
  • exists
  • does not contain
  • does not end with
  • does not equal
  • does not exist
  • does not start with
  • starts with

キーと値のペア。[Object Tag Name]がキー、[Object Tag Value]が値です。

たとえば、Image=Trueというオブジェクト タグを含むオブジェクトでフィルタリングするには、[Object Tag Name]にImage、演算子にequals、[Object Tag Value]にTrueを指定します。

注: オブジェクト タグ名とオブジェクト タグ値では大文字と小文字が区別されます。これらの項目は、オブジェクトに対して定義されたとおりに正確に入力する必要があります。
×

複数のメタデータ タイプと値の指定

高度なフィルタを定義する場合は、複数のタイプのメタデータと複数のメタデータ値を指定できます。たとえば、サイズが10~100MBのオブジェクトに一致するルールを設定するには、メタデータ タイプとして[Object Size]を選択し、2つのメタデータ値を指定します。
  • 最初のメタデータ値で10MB以上のオブジェクトを指定します。
  • 2番目のメタデータ値で100MB以下のオブジェクトを指定します。

オブジェクト サイズの高度なフィルタの例
複数のエントリを使用すると、一致させるオブジェクトを正確に制御できます。次の例では、camera_typeユーザ メタデータの値がBrand AまたはBrand Bのオブジェクトにルールが適用されます。ただし、ルールは10MBより小さいBrand Bのオブジェクトにのみ適用されます。
ユーザ メタデータの高度なフィルタの例