ハードウェアの構成図

StorageGRIDアプライアンスのSG5612モデルとSG5660モデルには、ともにE2700コントローラE5600SGコントローラが搭載されています。次の図で、モデルやコントローラの違いを確認してください。

モデルSG5612 2U:E5600SGコントローラとの背面


2台のコントローラを備えたSG5612の背面図
1 E2700コントローラ
2 E5600SGコントローラ

モデルSG5660 4U:E2700コントローラE5600SGコントローラの背面

上がE2700コントローラで、下がE5600SGコントローラです。
2台のコントローラを備えたSG5660の背面図
1 E2700コントローラ
2 E5600SGコントローラ

E2700コントローラの背面


E2700の構成図
1 管理ポート1(SANtricity Storage Managerがインストールされているネットワークに接続)
2 管理ポート2(設置作業でラップトップへの接続に使用)
3 SASインターコネクト ポート1
4 SASインターコネクト ポート2
5 シリアル接続ポート
6 デジタル表示ディスプレイ
注: E2700コントローラの背面にある「Drive Expansion」というラベルが付いた2つのSASポートは使用しません。StorageGRIDアプライアンスでは拡張ドライブ シェルフはサポートされません。

E5600SGコントローラの背面


E5600の構成図
1 管理ポート1

StorageGRIDの管理ネットワークに接続します。

2 管理ポート2

オプション:

  • StorageGRIDの管理ネットワークへの冗長接続を確保するには、管理ポート1とボンディングします。
  • 一時的なローカル アクセス用(IP 169.254.0.1)に空けておくことができます。
  • DHCPによって割り当てられたIPアドレスを使用できない場合は、設置時のIP設定に使用します。
3 SASインターコネクト ポート1
4 SASインターコネクト ポート2
5 10GbEネットワーク ポート1の障害LEDとアクティブLED
6 10GbEネットワーク ポート2の障害LEDとアクティブLED
7 10GbEネットワーク ポート3の障害LEDとアクティブLED
8 10GbEネットワーク ポート4の障害LEDとアクティブLED
9 警告LED
10 デジタル表示ディスプレイ
11 10-bEネットワーク ポート1
12 10-bEネットワーク ポート2
13 10-bEネットワーク ポート3
14 10-bEネットワーク ポート4

注: StorageGRIDアプライアンスのE5600SGコントローラのホスト インターフェイス カード(HIC)では、10Gbのイーサネット接続のみがサポートされます。iSCSI接続には使用できません。