StorageGRIDインストール ファイルのダウンロードと展開

新しいグリッド ノードや新しいデータセンター サイトを追加する前に、適切なStorageGRIDインストール アーカイブをダウンロードし、サービス ラップトップにファイルを展開する必要があります。

タスク概要

拡張処理は、グリッドで現在実行されているバージョンのStorageGRIDを使用して実行する必要があります。

手順

  1. ネットアップのStorageGRIDダウンロード ページにアクセスします。
  2. グリッドで実行中のStorageGRIDのバージョンを選択します。
  3. ネットアップ アカウントのユーザ名とパスワードを使用してサインインします。
  4. エンド ユーザ ライセンス契約を読んで同意します。
    選択したバージョンのダウンロード ページが表示されます。 このページには、新しいインストール ファイルとアップグレード ファイルの列が表示されます。
  5. [New install files]列で、使用するプラットフォーム用の.tgzファイルまたは.zipファイルを選択します。

    インストール アーカイブ ファイル名にあるバージョンが、現在インストールされているソフトウェアのバージョンと同じでなければなりません。

    サービス ラップトップでWindowsを実行している場合は、.zipファイルを使用します。

    プラットフォーム インストール アーカイブ
    VMware
    • StorageGRID-Webscale-version-VMware-uniqueID.zip
    • StorageGRID-Webscale-version-VMware-uniqueID.tgz
    Red Hat Enterprise LinuxまたはCentOS
    • StorageGRID-Webscale-version-RPM-uniqueID.zip
    • StorageGRID-Webscale-version-RPM-uniqueID.tgz

    UbuntuまたはDebian

    および

    アプライアンス

    • StorageGRID-Webscale-version-DEB-uniqueID.zip
    • StorageGRID-Webscale-version-DEB-uniqueID.tgz
    OpenStack/otherハイパーバイザー

    OpenStackの既存の環境を拡張する場合は、上記のサポートされているLinuxディストリビューションのいずれかを実行する仮想マシンを導入し、Linuxに関する適切な手順に従う必要があります。

  6. アーカイブ ファイルをダウンロードして展開します。
  7. プラットフォーム、計画したグリッド トポロジ、およびStorageGRIDシステムの拡張方法に応じて、必要なファイルを選択します。

    次の表のパスは、アーカイブ ファイルでインストールされる最上位ディレクトリからの相対パスです。

    表 1. VMwareのファイル
    パスとファイル名 説明
    ./vsphere/README StorageGRIDダウンロード ファイルに含まれているすべてのファイルについて説明するテキスト ファイル。
    ./vsphere/NLF000000.txt 製品サポートのない無償ライセンス。
    ./vsphere/NetApp-SG-version-SHA.vmdk グリッド ノード仮想マシンを作成するためのテンプレートとして使用される仮想マシン ディスク ファイル。

    ./vsphere/vsphere-primary-admin.ovf

    ./vsphere/vsphere-primary-admin.mf

    プライマリ管理ノードを導入するためのOpen Virtualization Formatテンプレート ファイル(.ovf)とマニフェスト ファイル(.mf)。

    ./vsphere/vsphere-non-primary-admin.ovf

    ./vsphere/vsphere-non-primary-admin.mf

    非プライマリ管理ノードを導入するためのテンプレート ファイル(.ovf)とマニフェスト ファイル(.mf)。

    ./vsphere/vsphere-archive.ovf

    ./vsphere/vsphere-archive.mf

    アーカイブ ノードを導入するためのテンプレート ファイル(.ovf)とマニフェスト ファイル(.mf)。

    ./vsphere/vsphere-gateway.ovf

    ./vsphere/vsphere-gateway.mf

    ゲートウェイ ノードを導入するためのテンプレート ファイル(.ovf)とマニフェスト ファイル(.mf)。

    ./vsphere/vsphere-storage.ovf

    ./vsphere/vsphere-storage.mf

    仮想マシンベースのストレージ ノードを導入するためのテンプレート ファイル(.ovf)とマニフェスト ファイル(.mf)。
    導入スクリプト ツール
    ./vsphere/deploy-vsphere-ovftool.sh 仮想グリッド ノードの導入を自動化するためのBashシェル スクリプト。
    ./vsphere/deploy-vsphere-ovftool-sample.ini deploy-vsphere-ovftool.shスクリプトで使用するサンプル構成ファイル。
    ./vsphere/configure-storagegrid.py StorageGRIDシステムの設定を自動化するためのPythonスクリプト。
    ./vsphere/configure-sga.py StorageGRIDアプライアンスの設定を自動化するためのPythonスクリプト。
    ./vsphere/storagegrid-ssoauth.py シングル サインオンが有効になっている場合にグリッド管理APIにサインインするために使用できるPythonスクリプトの例。
    ./vsphere/configure-storagegrid.sample.json configure-storagegrid.pyスクリプトで使用するサンプル構成ファイル。
    ./vsphere/configure-storagegrid.blank.json configure-storagegrid.pyスクリプトで使用する空の構成ファイル。
    表 2. Red Hat Enterprise LinuxまたはCentOS Linuxのファイル
    パスとファイル名 説明
    ./rpms/README StorageGRIDダウンロード ファイルに含まれているすべてのファイルについて説明するテキスト ファイル。
    ./rpms/NLF000000.txt 製品サポートのない無償ライセンス。
    ./rpms/StorageGRID-Webscale-Images-version-SHA.rpm RHELホストまたはCentOSホストにStorageGRIDノード イメージをインストールするためのRPMパッケージ。
    ./rpms/StorageGRID-Webscale-Service-version-SHA.rpm RHELホストまたはCentOSホストにStorageGRIDホスト サービスをインストールするためのRPMパッケージ。
    導入スクリプト ツール
    ./rpms/configure-storagegrid.py StorageGRIDシステムの設定を自動化するためのPythonスクリプト。
    ./rpms/configure-sga.py StorageGRIDアプライアンスの設定を自動化するためのPythonスクリプト。
    ./rpms/configure-storagegrid.sample.json configure-storagegrid.pyスクリプトで使用するサンプル構成ファイル。
    ./rpms/storagegrid-ssoauth.py シングル サインオンが有効になっている場合にグリッド管理APIにサインインするために使用できるPythonスクリプトの例。
    ./rpms/configure-storagegrid.blank.json configure-storagegrid.pyスクリプトで使用する空の構成ファイル。
    ./rpms/extras/ansible StorageGRIDコンテナ導入用のRHELホストまたはCentOSホストを設定するためのサンプルのAnsibleのロールとプレイブック。必要に応じて、ロールまたはプレイブックをカスタマイズできます。
    表 3. UbuntuまたはDebianのファイル
    パスとファイル名 説明
    ./debs/README StorageGRIDダウンロード ファイルに含まれているすべてのファイルについて説明するテキスト ファイル。
    ./debs/NLF000000.txt テスト環境およびコンセプトの実証環境に使用できる、非本番環境のネットアップ ライセンス ファイル。
    ./debs/storagegrid-webscale-images-version-SHA.deb UbuntuホストまたはDebianホストにStorageGRIDノード イメージをインストールするためのDEBパッケージ。
    ./debs/storagegrid-webscale-images-version-SHA.deb.md5 /debs/storagegrid-webscale-images-version-SHA.debファイルのMD5チェックサム。
    ./debs/storagegrid-webscale-service-version-SHA.deb UbuntuホストまたはDebianホストにStorageGRIDホスト サービスをインストールするためのDEBパッケージ。
    導入スクリプト ツール
    ./debs/configure-storagegrid.py StorageGRIDシステムの設定を自動化するためのPythonスクリプト。
    ./debs/configure-sga.py StorageGRIDアプライアンスの設定を自動化するためのPythonスクリプト。
    ./debs/storagegrid-ssoauth.py シングル サインオンが有効になっている場合にグリッド管理APIにサインインするために使用できるPythonスクリプトの例。
    ./debs/configure-storagegrid.sample.json configure-storagegrid.pyスクリプトで使用するサンプル構成ファイル。
    ./debs/configure-storagegrid.blank.json configure-storagegrid.pyスクリプトで使用する空の構成ファイル。
    ./debs/extras/ansible StorageGRIDコンテナ導入用のUbuntuホストまたはDebianホストを設定するためのサンプルのAnsibleのロールとプレイブック。必要に応じて、ロールまたはプレイブックをカスタマイズできます。
    表 4. アプライアンス ファイル
    パスとファイル名 説明
    ./debs/storagegrid-webscale-images-version-SHA.deb アプライアンスにStorageGRIDノード イメージをインストールするためのDEBパッケージ。
    ./debs/storagegrid-webscale-images-version-SHA.deb.md5 DEBインストール パッケージのチェックサム。アップロード後にパッケージに変更が加えられていないことを確認するためにStorageGRIDアプライアンス インストーラで使用されます。
    注: アプライアンスのインストールの場合、通常これらのファイルは必要ありません。アプライアンスは、プライマリ管理ノードから必要なファイルをダウンロードできます。