ストレージ ノードへのストレージ ボリュームの追加

ストレージ ノードのストレージ容量は、ストレージ ボリュームを最大16個まで追加して拡張することができます。ILMのレプリケート コピーまたはイレイジャー コーディング コピーの要件を満たすために、複数のストレージ ノードへのストレージ ボリュームの追加が必要になることがあります。

開始する前に

ストレージ ボリュームを追加する前に、ストレージ容量の拡張計画に関する情報を確認して、ILMポリシーの要件を満たすためにはどこにボリュームを追加すればいいかを把握しておいてください。
注: このセクションの手順は、ソフトウェアベースのストレージ ノードにのみ該当します。SG6060アプライアンス ストレージ ノードには、拡張シェルフを1台または2台設置することで、ストレージ ボリュームを16個以上追加できます。各拡張シェルフにボリュームを16個搭載できるため、SG6060ベースのストレージ ノードには最大48個のストレージ ボリュームを配置できます。

拡張シェルフの設置方法については、SG6060アプライアンスの設置とメンテナンスの手順を参照してください。

タスク概要

ストレージ ノードのストレージ容量は、複数のストレージ ボリュームに分割されます。ストレージ ボリュームは、StorageGRIDシステムでフォーマットされてオブジェクトの格納用にマウントされたブロック ベースのストレージ デバイスです。Grid Managerでは、これらのストレージ ボリュームのことをオブジェクト ストアと呼び、各ストレージ ノードで最大16個までサポートされます。

注: オブジェクト メタデータは常にオブジェクト ストア0に格納されます。

各オブジェクト ストアは、同じストレージ ノード上のマウント ポイントに対応します。たとえば、IDが0000のオブジェクト ストアはマウント ポイント/var/local/rangedb/0に対応しています。

新しいストレージ ボリュームを追加する前に、Grid Managerを使用して各ストレージ ノードの現在のオブジェクト ストアと対応するマウント ポイントを確認します。この情報は、ストレージ ボリュームを追加するときに役立ちます。

手順

  1. [Nodes] > [site] > [Storage Node] > [Storage]を選択します。
  2. 下にスクロールして、各ボリュームとオブジェクト ストアに使用可能なストレージ容量を表示します。

    アプライアンス ストレージ ノードの場合、各ディスクのWorldwide Nameは、SANtricityソフトウェア(アプライアンスのストレージ コントローラに接続される管理ソフトウェア)で標準のボリューム プロパティとして表示されるボリュームのWorld-Wide Identifier(WWID)と同じです。

    ディスクの読み取り / 書き込み統計をボリュームのマウント ポイントに関連付けやすくするために、[Disk Devices]テーブルの[Name]列に表示される名前の先頭には、Volumesテーブルの[Device]列に表示される値(sdcsddsdeなど)が付加されます。

    [Nodes]ページ - [Storage]の各テーブル
  3. プラットフォームに応じた手順に従って、ストレージ ノードに新しいストレージ ボリュームを追加します。