インストールの概要

Red Hat Enterprise Linux(RHEL)環境またはCentOS Linux環境へのStorageGRIDシステムのインストールは、主に3つの手順で行われます。

  1. 準備:計画と準備では次の作業を行います。
    • StorageGRIDのCPU、ネットワーク、およびストレージに関する要件を確認する。
    • StorageGRIDグリッド ノードのホストとして使用する物理サーバまたは仮想サーバを決めて準備する。
    • 準備したサーバで次の作業を行います。
      • Linuxのインストール
      • ホスト ネットワークの設定
      • ホスト ストレージの設定
      • Dockerのインストール
      • StorageGRIDホスト サービスのインストール
  2. 導入:適切なユーザ インターフェイスを使用してグリッド ノードを導入します。グリッド ノードを導入すると、StorageGRIDシステムの一部としてグリッド ノードが作成され、1つ以上のネットワークに接続されます。
    1. 手順1で準備したホストに仮想グリッド ノードを導入するには、Linuxコマンドラインを使用します。
    2. StorageGRIDアプライアンス ノードを導入するには、StorageGRIDアプライアンス インストーラを使用します。
  3. 設定:すべてのノードを導入したら、StorageGRID Grid Managerを使用して、グリッドを設定し、インストールを完了します。
このドキュメントでは、標準的なアプローチでStorageGRIDシステムを導入して設定することを推奨しています。また、次のような代替のアプローチも紹介しています。