ホットフィックス適用時のシステムへの影響

ホットフィックスを適用したときに、StorageGRIDシステムにどのような影響が生じるのかを把握しておく必要があります。

クライアント アプリケーションが短時間中断される場合がある

StorageGRIDシステムは、ホットフィックス適用プロセス中でもクライアント アプリケーションからデータを取り込んで読み出すことができます。ただし、ホットフィックスが個々のゲートウェイ ノードまたはストレージ ノードのサービスを再開する必要がある場合は、それらのノードへのクライアント接続が一時的に中断されることがあります。接続はホットフィックスの適用終了後に再開され、個々のノードのサービスも再開されます。

接続の中断が短時間でも許容されない場合は、ホットフィックス適用に伴うダウンタイムをスケジュールする必要があります。選択的な承認を使用すると、特定のノードを更新するタイミングをスケジュールできます。

アラートやアラームがトリガーされる場合がある

StorageGRIDシステムを複数バージョンが混在した環境で使用している場合(一部のグリッド ノードで以前のバージョンを実行し、その他のノードはより新しいバージョンにアップグレードしている場合)、サービスの再開時にアラートとアラームがトリガーされることがあります。通常、これらのアラートとアラームはホットフィックスの適用が完了するとクリアされます。

多数のEメールが生成される

グリッド ノードにホットフィックスを適用すると、ノードのサービスが停止および再開されるたびにアラートとアラームのEメール通知が生成されます。過剰なEメール通知を回避するには、次のいずれか、または両方を実行する必要があります。
  • アラートのEメール通知を設定している場合は、最初のノードにホットフィックスを適用する前にすべてのアラート ルールをサイレント化し、すべてのノードにホットフィックスが適用されたらサイレント化を解除します。
  • アラームのEメール通知が引き続き送信される場合は、[Notification Suppress All]チェック ボックス([Configuration] > [Display Options])を使用して、ホットフィックスを開始する前にアラーム通知を無効にします。その後、ホットフィックスがすべてのノードに適用されたら、アラームのEメール通知を再度有効にします。

設定の変更が制限される

StorageGRIDにホットフィックスを適用する際は、次の点に注意してください。
  • ホットフィックスがすべてのノードに適用されるまで、グリッド設定の変更(グリッド ネットワーク サブネットの指定や保留中のグリッド ノードの承認など)は行わないでください。
  • ホットフィックスがすべてのノードに適用されるまで、ILM設定は変更しないでください。