手順2:サイトの確認

[Decommission Site]ページの[Step 2 (Review)]では、サイトの各ストレージ ノードのストレージ使用状況を確認します。その後、イレイジャー コーディング プロファイルまたはストレージ プールでサイトを参照しているILMルールを更新する必要があります。

タスク概要

以下の場合、サイトの運用停止手順を開始することができません。
  • サイトを参照するストレージ プールが、アクティブなILMポリシーまたはドラフトのILMポリシーのILMルールで使用されている。
  • サイトを参照するイレイジャー コーディング プロファイルがILMルールで使用されている。
    注: サイトの運用停止手順では、運用停止するサイトを参照するイレイジャー コーディング プロファイルがStorageGRIDによって非アクティブ化されて削除されます。イレイジャー コーディング プロファイルがILMルールで参照されているとStorageGRIDで非アクティブ化できないため、この手順を開始する前に、影響を受けるすべてのイレイジャー コーディング プロファイルをすべてのILMルールから削除しておく必要があります。

上記のいずれかの条件に該当する場合は、次の手順に従ってILMルールとポリシー設定を更新する必要があります。

手順

  1. [Decommission Site]ページの[Nodes]セクションで、[Used Storage Capacity]列の各ストレージ ノードの値を確認します。
    [Used Storage Capacity]は、各ノードでオブジェクト コピー、イレイジャー コーディング フラグメント、オブジェクト メタデータに使用されているストレージ容量の推定値です。ノードがオフラインであるため、[Used Storage Capacity]には各ノードについて最後に確認された値が表示されます。これらの値の合計を使用して、サイトの運用を停止した場合にアクセスできなくなるシステムのデータ ストレージ容量を見積もります。
    注: ILMポリシーが単一サイトの損失から保護するように設計されていた場合は、オブジェクト データのコピーは他のサイトに引き続き存在します。

    [Decommission Site]ページの手順2の[Nodes]セクション
  2. [ILM rules]セクションで、イレイジャー コーディング プロファイルまたはストレージ プールでこのサイトを参照するILMルールがあるかどうかを確認します。
    • 組み込みのMake 2 Copiesルールだけが表示されている場合、運用停止を開始できます。手順3:運用停止の実行に進みます。
      注: アクティブなILMポリシーまたはドラフトのILMポリシーで組み込みのMake 2 Copiesルールが使用されている場合でも、サイトの運用は停止できます。StorageGRIDは、サイトを削除する際に、Make 2 Copiesルールで使用されているデフォルトのAll Storage Nodesストレージ プールを自動的に更新します。
    • [Uses EC Profile]が選択されているルールは、イレイジャー コーディング プロファイルでサイトを参照しています。手順3に進みます。
    • [Uses EC Profile]が選択されていないルールは、ストレージ プールでサイトを参照しています。手順4に進みます。

    [Decommission Site]ページの手順2の[ILM rules]セクション
    この例では、Raleighサイトは次の3つのILMルールで参照されています。
    • 3 site ECルールは、イレイジャー コーディング プロファイルでこのサイトを参照しています。このILMルールは、アクティブなILMポリシーで使用されています。
    • 2 copies at Raleigh and Sunnyvaleルールは、ストレージ プールでこのサイトを参照しています。このILMルールは、アクティブなILMポリシーで使用されています。
    • 組み込みのMake 2 Copiesルールは、デフォルトのAll Storage Nodesストレージ プールでこのサイトを参照しています。このILMルールは、アクティブなILMポリシーで使用されています。
  3. 1つ以上のILMルールがイレイジャー コーディング プロファイルでこのサイトを参照している場合は、該当するルールごとに以下の手順を実行します。
    注: 詳細については、StorageGRIDの管理手順で、ILMルールとILMポリシーに関する情報を参照してください。
    プロファイルの使用状況 サイトの運用を停止する前に追加で実行する手順
    アクティブでないILMルールまたはドラフトILMポリシーで使用
    1. ルール名をクリックして、イレイジャー コーディング プロファイルの名前を確認します。
    2. ILMルールを編集または削除します。ルールを編集する場合は、このイレイジャー コーディング プロファイルを使用しているすべての配置を削除します。
    3. [Decommission Site]ページの手順2に戻り、[Uses EC Profile]列にチェックマークが表示されていないことを確認します。
    アクティブなILMポリシーのILMルールで使用
    1. ルール名をクリックして、イレイジャー コーディング プロファイルの名前を確認します。
    2. アクティブ ポリシーのクローンを作成します。
    3. このイレイジャー コーディング プロファイルを使用しているILMルールを削除します。
    4. 新しいILMルールを1つ以上追加して、残りのサイト全体でオブジェクトが保護されるようにします。
    5. 新しいポリシーを保存し、シミュレートしてアクティブ化します。
    6. ポリシーから削除したルールを編集または削除します。ルールを編集する場合は、このイレイジャー コーディング プロファイルを使用しているすべての配置を削除します。
    7. [Decommission Site]ページの手順2に戻り、[Uses EC Profile]列にチェックマークが表示されていないことを確認します。
    ドラフトILMポリシーに含まれるILMルールで使用
    1. ルール名をクリックして、イレイジャー コーディング プロファイルの名前を確認します。
    2. ドラフト ポリシーを編集します。
    3. このイレイジャー コーディング プロファイルを使用しているILMルールを削除します。
    4. 新しいILMルールを1つ以上追加して、残りのサイト全体ですべてのオブジェクトが保護されるようにします。
    5. ドラフト ポリシーを保存します。
    6. ポリシーから削除したルールを編集または削除します。ルールを編集する場合は、このイレイジャー コーディング プロファイルを使用しているすべての配置を削除します。
    7. [Decommission Site]ページの手順2に戻り、[Uses EC Profile]列にチェックマークが表示されていないことを確認します。
  4. 1つ以上のILMルールがストレージ プールでこのサイトを参照している([Uses EC Profile]が選択されていない)場合は、該当するルールごとに以下の手順を実行します。
    注意: サイトを参照しているストレージ プールが未使用のILMルールに含まれている場合は、サイトの運用停止を実行できます。ただし、今後もILMポリシーにこのルールを追加することがないよう、ルールを編集または削除してこのサイトを参照するすべての配置を削除する必要があります。
    注: 詳細については、StorageGRIDの管理手順で、ILMルールとILMポリシーに関する情報を参照してください。
    ストレージ プールの使用状況 サイトの運用を停止する前に追加で実行する手順
    アクティブでないILMルールまたはドラフトILMポリシーで使用
    1. ルール名をクリックして、ストレージ プールの名前を確認します。
    2. (任意、ただし推奨):ILMルールを編集または削除します。ルールを編集する場合は、このストレージ プールを使用しているすべての配置を削除します。
    3. [Decommission Site]ページの手順2に戻り、ルールが表示されなくなったことを確認します。
    アクティブなILMポリシーのILMルールで使用
    1. ルール名をクリックして、ストレージ プールの名前を確認します。
    2. アクティブ ポリシーのクローンを作成します。
    3. このストレージ プールを使用しているILMルールを削除します。
    4. 新しいILMルールを1つ以上追加して、残りのサイト全体でオブジェクトが保護されるようにします。
    5. 新しいポリシーを保存し、シミュレートしてアクティブ化します。
    6. (任意、ただし推奨):ポリシーから削除したルールを編集または削除します。ルールを編集する場合は、このストレージ プールを使用しているすべての配置を削除します。
    7. [Decommission Site]ページの手順2に戻り、ルールが表示されなくなったことを確認します。
    ドラフトILMポリシーに含まれるILMルールで使用
    1. ルール名をクリックして、ストレージ プールの名前を確認します。
    2. ドラフト ポリシーを編集します。
    3. このストレージ プールを使用しているILMルールを削除します。
    4. 新しいILMルールを1つ以上追加して、残りのサイト全体ですべてのオブジェクトが保護されるようにします。
    5. ドラフト ポリシーを保存します。
    6. (任意、ただし推奨):ポリシーから削除したルールを編集または削除します。ルールを編集する場合は、このストレージ プールを使用しているすべての配置を削除します。
    7. [Decommission Site]ページの手順2に戻り、ルールが表示されなくなったことを確認します。
  5. ILMルールのテーブルで以下の点を確認します。
    • イレイジャー コーディング プロファイルでこのサイトを参照しているILMルールがない。
    • ストレージ プールでこのサイトを参照しているルールが、アクティブなILMポリシーまたはドラフトのILMポリシーで使用されていない。
      注: アクティブなILMポリシーまたはドラフトのILMポリシーで組み込みのMake 2 Copiesルールが使用されている場合でも、サイトの運用は停止できます。
    • [Provisioning Passphrase]フィールドが有効になっている。

    [Decommission Site]ページの手順2([Provisioning Passphrase]が有効な状態)
    この例では次のようになります。
    • Raleighサイトは、ILMルールで使用されているイレイジャー コーディング プロファイルで参照されなくなりました。
    • Raleighサイトは2 Copies at Raleigh and Sunnyvaleルールで引き続き参照されますが、このルールはアクティブなILMポリシーまたはドラフトのILMポリシーでは使用されなくなりました。サイトの運用を停止できるようになりましたが、このルールを編集または削除して、サイトを参照するすべての配置を削除することを推奨します。
    • Raleighサイトは組み込みのMake 2 Copiesルールで引き続き参照され、このルールはアクティブなILMポリシーで使用されています。StorageGRIDは組み込みのILMルールを自動的に更新するため、運用停止を開始できます。
    • [Provisioning Passphrase]フィールドが有効になりました。次の手順に進むことができます。