グリッド ノードのリカバリ手順

グリッド ノードで障害が発生した場合は、障害が発生した物理または仮想サーバを交換してStorageGRIDソフトウェアを再インストールし、リカバリ可能なすべてのデータに損傷がないことを確認することでリカバリできます。

グリッド ノードの障害は、ハードウェア、仮想化、オペレーティング システム、またはソフトウェアの障害によってそのノードが動作しなくなったり、信頼性が低下した場合に発生することがあります。グリッド ノードのリカバリが必要になる障害には、さまざまな種類があります。

グリッド ノードのリカバリ手順は、グリッド ノードがホストされているプラットフォームと、そのグリッド ノードのタイプによって異なります。グリッド ノードのタイプごとに、厳密に従う必要があるリカバリ手順があります。

通常は、障害グリッド ノードのデータをできるだけ保持し、障害ノードを修理または交換し、Grid Managerを使用して交換用ノードを設定し、ノードのデータをリストアします。

注意: StorageGRIDサイト全体で障害が発生した場合は、テクニカル サポートに連絡してください。テクニカル サポートは、お客様の協力のもと、できるだけ多くのデータをリカバリし、ビジネス目標を満たすサイト リカバリ プランを策定および実施します。