交換用プライマリ管理ノードの設定

交換用ノードは、StorageGRIDシステムのプライマリ管理ノードとして設定する必要があります。

開始する前に

手順

  1. Webブラウザを開き、https://primary_admin_node_ipに移動します。
    プライマリ管理ノードのインストールまたはリカバリ
  2. [Recover a failed primary Admin Node]をクリックします。
  3. リカバリ パッケージの最新のバックアップをアップロードします。
    1. [Browse]をクリックします。
    2. StorageGRIDシステムの最新のリカバリ パッケージ ファイルを選択し、[Open]をクリックします。
  4. プロビジョニング パスフレーズを入力します。
  5. [Start Recovery]をクリックします。
    リカバリ プロセスが開始されます。必要なサービスが開始されるまでの数分間、Grid Managerを使用できなくなることがあります。リカバリが完了すると、サインイン ページが表示されます。
  6. StorageGRIDシステムでシングル サインオン(SSO)が有効になっており、リカバリした管理ノードの証明書利用者信頼がデフォルトの管理インターフェイスのサーバ証明書を使用するように設定されている場合は、Active Directoryフェデレーション サービス(AD FS)でノードの証明書利用者信頼を更新(または削除して再作成)します。管理ノードのリカバリ プロセス中に生成された新しいデフォルトのサーバ証明書を使用します。
    注: 証明書利用者信頼を設定するには、StorageGRIDの管理手順を参照してください。デフォルトのサーバ証明書にアクセスするには、管理ノードのコマンドシェルにログインします。/var/local/mgmt-apiディレクトリに移動し、server.crtファイルを選択します。
  7. ホットフィックスの適用が必要かどうかを判断します。
    1. サポートされているブラウザを使用してGrid Managerにログインします。
    2. [Nodes]を選択します。
    3. 左側のリストで、プライマリ管理ノードを選択します。
    4. [Overview]タブで、[Software Version]フィールドに表示されているバージョンを確認します。
    5. 他のグリッド ノードを選択します。
    6. [Overview]タブで、[Software Version]フィールドに表示されているバージョンを確認します。
      • [Software Version]フィールドに表示されているバージョンが同じ場合は、ホットフィックスを適用する必要はありません。
      • [Software Version]フィールドに表示されているバージョンが異なる場合は、ホットフィックスを適用し、リカバリされたプライマリ管理ノードを同じバージョンに更新する必要があります。