障害ノードとサービス アプライアンスの交換

SG100またはSG1000サービス アプライアンスを使用して、障害が発生したゲートウェイ ノード、障害が発生した非プライマリ管理ノード、またはVMware、Linuxホスト、サービス アプライアンスでホストされていて障害が発生したプライマリ管理ノードをリカバリできます。この手順は、グリッド ノードのリカバリ手順の1つです。

開始する前に

次のいずれかの状況に該当することを確認しておく必要があります。
注意: SG100サービス アプライアンスとSG1000サービス アプライアンスは同じサイトに導入しないでください。パフォーマンスが予測不能になる可能性があります。

タスク概要

次の場合、SG100またはSG1000サービス アプライアンスを使用して障害グリッド ノードをリカバリできます。
  • 障害ノードがVMwareまたはLinuxでホストされていた(プラットフォームの変更)
  • 障害ノードがサービス アプライアンスでホストされていた(プラットフォームの交換)