サービス アプライアンスのインストールの監視

StorageGRIDアプライアンス インストーラには、インストールが完了するまでステータスが表示されます。ソフトウェアのインストールが完了すると、アプライアンスがリブートされます。

手順

  1. インストールの進行状況を監視するには、メニュー バーの[Monitor Installation]をクリックします。

    [Monitor Installation]ページにインストールの進行状況が表示されます。


    この図には説明が付随しています。
    青のステータス バーは進行中のタスクを、 緑のステータス バーは正常に完了したタスクを示しています。
    注: 前のインストールで完了したタスクはインストーラでは再実行されません。インストールを再実行している場合、再実行する必要がないタスクには緑のステータス バーが表示され、ステータスはSkippedになります。
  2. インストールの最初の2つのステージの進行状況を確認します。
    1. Configure storage
    インストーラが既存の設定をすべてドライブから消去し、ホストを設定します。
    2. Install OS
    インストーラがStorageGRIDのベースとなるオペレーティング システム イメージをプライマリ管理ノードからアプライアンスにコピーするか、ベースとなるオペレーティング システム イメージをプライマリ管理ノードのインストール パッケージからインストールします。
  3. 次のいずれかが実行されるまで、インストールの進行状況を監視します。
    • (アプライアンス ゲートウェイ ノードまたは非プライマリのアプライアンス管理ノードの場合)[Install StorageGRID]ステージが一時停止し、Grid Managerを使用して管理ノードでこのノードを承認するよう求めるメッセージが組み込みのコンソールに表示されます。説明が付随している図
    • アプライアンス プライマリ管理ノードの場合、第5フェーズ(Load StorageGRID Installer)が表示されます。第5フェーズが10分以上たっても完了しない場合は、ページを手動で更新してください。プライマリ管理ノード再インストールの第5フェーズのスクリーンショット
  4. リカバリするアプライアンス グリッド ノードのタイプに応じて、次のリカバリ プロセス ステップに進みます。
    リカバリのタイプ 参照先
    ゲートウェイ ノード [Start Recovery]の選択によるゲートウェイ ノードの設定
    非プライマリ管理ノード [Start Recovery]の選択による非プライマリ管理ノードの設定
    プライマリ管理ノード 交換用プライマリ管理ノードの設定