サービス アプライアンスでのソフトウェア インストールの開始

ゲートウェイ ノードまたは管理ノードをSG100またはSG1000サービス アプライアンスにインストールするには、アプライアンスに含まれているStorageGRIDアプライアンス インストーラを使用します。

開始する前に

これらの必要な準備作業の実行手順については、SG100またはSG1000サービス アプライアンスの設置およびメンテナンスの手順を参照してください。

タスク概要

StorageGRIDソフトウェアをSG100またはSG1000サービス アプライアンスにインストールするには、次の手順を実行します。
  • プライマリ管理ノードの場合は、ノードの名前を指定し、必要に応じて適切なソフトウェア パッケージをアップロードします。
  • 非プライマリ管理ノードまたはゲートウェイ ノードの場合は、プライマリ管理ノードのIPアドレスとノードの名前を指定または確認します。
  • インストールを開始し、ボリュームの設定とソフトウェアのインストールが行われている間待機します。
  • プロセスの途中でインストールが一時停止します。インストールを再開するには、Grid Managerにサインインして、保留状態のノードを障害ノードの交換用として設定する必要があります。
  • ノードを設定すると、アプライアンスのインストール プロセスが完了してアプライアンスがリブートされます。

手順

  1. ブラウザを開き、SG100またはSG1000サービス アプライアンスのIPアドレスのいずれかを入力します。
    https://Controller_IP:8443

    StorageGRIDアプライアンス インストーラのホームページが表示されます。


    アプライアンス インストーラのホームページ
  2. プライマリ管理ノードをインストールするには、次の手順を実行します。
    1. [This Node]セクションの[Node Type]で、[Primary Admin]を選択します。
    2. [Node Name]フィールドにリカバリするノードに使用されていた名前を入力し、[Save]をクリックします。
    3. [Installation]セクションで、Current stateに表示されているソフトウェアのバージョンを確認します。
      インストールされるソフトウェアのバージョンが正しければ、手順4に進みます。
    4. 別のバージョンのソフトウェアをアップロードする必要がある場合は、[Advanced]メニューで[Upload StorageGRID Software]を選択します。
      [ Upload StorageGRID Software]ページが表示されます。説明が付随するスクリーンショット
    5. [Software Package]と[Checksum File]で、[Browse]をクリックして、アップロードするStorageGRIDソフトウェアのファイルを選択します。
      選択したファイルが自動的にアップロードされます。
    6. [Home]をクリックしてStorageGRIDアプライアンス インストーラのホームページに戻ります。
  3. ゲートウェイ ノードまたは非プライマリ管理ノードをインストールするには、次の手順を実行します。
    1. [This Node]セクションの[Node Type]で、リストアするノードのタイプに応じて[Gateway]または[Non-Primary Admin]を選択します。
    2. [Node Name]フィールドにリカバリするノードに使用されていた名前を入力し、[Save]をクリックします。
    3. [Primary Admin Node connection]セクションで、プライマリ管理ノードのIPアドレスを指定する必要があるかどうかを確認します。
      プライマリ管理ノードまたはADMIN_IPが設定された他のグリッド ノードが少なくとも1つ同じサブネット上にある場合は、StorageGRIDアプライアンス インストーラはこのIPアドレスを自動的に検出します。
    4. このIPアドレスが表示されない場合や変更する必要がある場合は、アドレスを指定します。
    オプション 説明
    IPの手動入力
    1. [Enable Admin Node discovery]チェック ボックスをオフにします。
    2. IPアドレスを手動で入力します。
    3. [Save]をクリックします。
    4. 新しいIPアドレスの接続状態がreadyになるまで待機します。
    接続されたすべてのプライマリ管理ノードの自動検出
    1. [Enable Admin Node discovery]チェック ボックスを選択します。
    2. 検出されたIPアドレスのリストから、このサービス アプライアンスを導入するグリッドのプライマリ管理ノードを選択します。
    3. [Save]をクリックします。
    4. 新しいIPアドレスの接続状態がreadyになるまで待機します。
  4. [Installation]セクションで、現在の状態がReady to start installation of node nameであることと、[Start Installation]ボタンが有効になっていることを確認します。
    [Start Installation]ボタンが有効になっていない場合は、ネットワークまたはポートの設定変更が必要な可能性があります。手順については、使用しているアプライアンスのインストールとメンテナンスの手順を参照してください。
  5. StorageGRIDアプライアンス インストーラのホームページで、[Start Installation]をクリックします。

    現在の状態がInstallation is in progressに変わり、[Monitor Installation]ページが表示されます。

    注: [Monitor Installation]ページに手動でアクセスする必要がある場合は、メニュー バーの[Monitor Installation]をクリックします。