コンテンツの保護:クラウド ストレージ プール

ILMルールのコンテンツ配置手順でオブジェクト データのレプリケート コピーをクラウド ストレージ プールに格納するように要求されている場合は、オブジェクト データがクラウド ストレージ プールで指定された外部のS3バケットまたはAzure Blob Storageコンテナに移動されます。

データ フロー

クラウド ストレージ プールへのオブジェクトの移動は、ILMエンジン(LDRサービスのコンポーネント)とData Moverサービスによって制御されます。


クラウド ストレージ プールのデータ フロー
  1. ILMエンジンが、クラウド ストレージ プールにレプリケートするためのData Moverサービスを選択します。
  2. Data Moverサービスが、オブジェクト データをクラウド ストレージ プールに送信します。
  3. Data Moverサービスが、オブジェクト データが格納されたことをILMエンジンに通知します。
  4. ILMエンジンが、メタデータ ストアのオブジェクトの場所を示すメタデータを更新します。