StorageGRIDを利用したハイブリッド クラウド

StorageGRIDをハイブリッド クラウド構成で使用する場合は、ポリシーベースのデータ管理を実装してオブジェクトをクラウド ストレージ プールに格納し、StorageGRIDプラットフォーム サービスを利用し、さらにNetApp FabricPoolを使用してStorageGRIDにデータを移動します。

クラウド ストレージ プール

クラウド ストレージ プールでは、StorageGRIDシステムの外部にオブジェクトを格納できます。たとえば、アクセス頻度の低いオブジェクトを低コストのクラウド ストレージ(Amazon S3 Glacier、S3 Glacier Deep Archive、Microsoft Azure BLOBストレージのアーカイブ アクセス層など)に移動することができます。あるいは、StorageGRIDオブジェクトのクラウド バックアップを保持して、ストレージ ボリュームやストレージ ノードの障害によって失われたデータをリカバリするために使用することもできます。

注: クラウド ストレージ プールターゲットからオブジェクトを読み出す際のレイテンシが増加するため、FabricPoolでのクラウド ストレージ プールの使用はサポートされていません。

S3プラットフォーム サービス

S3プラットフォーム サービスでは、リモート サービスをオブジェクト レプリケーション、イベント通知、または検索統合のエンドポイントとして使用できます。プラットフォーム サービスは、グリッドのILMルールとは独立して動作し、個々のS3バケットで有効化されます。サポートされるサービスは次のとおりです。

たとえば、CloudMirrorレプリケーションを使用して特定の顧客レコードをAmazon S3にミラーリングし、AWSサービスを利用してデータを分析することができます。

StorageGRIDによるONTAPデータの階層化

FabricPoolを使用してデータをStorageGRIDに階層化すると、ONTAPストレージのコストを削減できます。FabricPoolはネットアップ データ ファブリックのテクノロジで、オンプレミスまたはオフプレミスの低コストのオブジェクト ストレージ階層へデータを自動で階層化することができます。

手動の階層化ソリューションと違って、データの階層化を自動化してストレージ コストを削減することで、総所有コストを削減します。FabricPoolは、StorageGRIDを含むパブリック クラウドとプライベート クラウドに階層化することで、クラウド エコノミクスのメリットを実現します。