Prometheus指標

管理ノードのPrometheusサービスは、すべてのノード上のサービスから時系列の指標を収集します。

Prometheusで収集された指標は、Grid Managerのさまざまな場所で使用されます。
  • [Nodes]ページ:[Nodes]ページの各タブでは、Prometheusで収集された時系列の指標が、Grafana視覚化ツールを使用してグラフやチャートとして表示されます。Grafanaはグラフ形式とチャート形式で時系列のデータを表示し、Prometheusはバックエンドのデータ ソースとして機能します。
    Prometheusのグラフ
  • [Alerts]:Prometheus指標を使用するアラート ルールの条件がtrueと評価されると、特定の重大度レベルでアラートがトリガーされます。
  • グリッド管理API:Prometheus指標をカスタムのアラート ルールまたは外部の自動化ツールで使用して、StorageGRIDシステムを監視できます。Prometheus指標の全リストは、グリッド管理API[Help] > [API Documentation] > [Metrics])で確認できます。使用可能な指標の数は1,000を超えますが、StorageGRIDの最も重要な処理を監視するために必要な指標は比較的少数です。
    注: 名前に_private_が含まれる指標は内部専用で、StorageGRIDの次のリリースまでに予告なく変更されることがあります。
  • Support > Metrics ページと[Support] > [Diagnostics]ページ:主にテクニカル サポートで使用されるこれらのページには、Prometheus指標の値を使用するさまざまなツールやチャートが表示されます。
    注: [Metrics]ページの一部の機能やメニュー項目は、意図的に機能しないようになっており、変更されることがあります。