コンテンツの保護:レプリケーション

ILMルールのコンテンツ配置手順でオブジェクト データのレプリケート コピーが必要とされている場合は、設定されたストレージ プールを構成するストレージ ノードによってコピーが作成されてディスクに格納されます。

データ フロー

レプリケーションの動作はLDRサービスのILMエンジンで制御され、正しい数のコピーが正しい場所に正しい期間にわたって格納されます。


説明が付随しているプロセスを示す図
  1. ILMエンジンが、ILMルールで指定されたストレージ プール内で最適なデスティネーションLDRサービスをADCサービスに照会します。その後、レプリケーションを開始するコマンドをそのLDRサービスに送信します。
  2. デスティネーションLDRサービスが、最適なソースの場所をADCサービスに照会します。その後、レプリケーション要求をソースLDRサービスに送信します。
  3. ソースLDRサービスが、デスティネーションLDRサービスにコピーを送信します。
  4. デスティネーションLDRサービスが、オブジェクト データが格納されたことをILMエンジンに通知します。
  5. ILMエンジンが、メタデータ ストアのオブジェクトの場所を示すメタデータを更新します。