管理ネットワーク トポロジ

必要に応じて、管理ネットワークとグリッド ネットワークを使用できます。たとえば、ノードごとにルーティング可能なグリッド ネットワークと境界で保護された管理ネットワークを設定できます。

管理ネットワークを構成するときは、各グリッド ノードのeth1インターフェイスについて、ホストIPアドレス、サブネット マスク、およびゲートウェイIPアドレスを確立します。設定時にAdmin External Subnet List(AESL)と呼ばれるサブネットのリストを作成します。AESLリストには、外部ホストが管理ネットワーク経由でグリッド ノードと通信する際に使用するサブネットが含まれます。

管理ネットワークのインストール時に、AESLに含まれるすべてのサブネットに対する静的ルートが自動的に生成されます。

次の例では、S3およびSwiftクライアント要求とオブジェクト管理に関連するトラフィックにグリッド ネットワークが使用されています。一方、管理機能には管理ネットワークが使用されています。


グリッド / 管理ネットワーク

グリッド / 管理ネットワークのIP