取り込みのデータ フロー

取り込み処理、つまり保存の処理は、クライアントとStorageGRIDシステム間の定義されたデータ フローで構成されます。

データ フロー

クライアントがStorageGRIDシステムにオブジェクトを保存すると、ストレージ ノード上のLDRサービスが要求を処理し、メタデータとデータをディスクに格納します。


同期配置での取り込み
  1. クライアント アプリケーションがオブジェクトを作成し、HTTP PUT要求を使用してStorageGRIDシステムに送信します。
  2. オブジェクトがシステムのILMポリシーに照らして評価されます。
  3. LDRサービスが、オブジェクト データをレプリケート コピーまたはイレイジャー コーディング コピーとして保存します (上の図ではレプリケート コピーをディスクに格納する処理を簡単に示しています)。
  4. LDRサービスが、オブジェクト メタデータ ストアにメタデータを送信します。
  5. メタデータ ストアが、オブジェクト メタデータをディスクに保存します。
  6. メタデータ ストアが、他のストレージ ノードにオブジェクト メタデータのコピーを伝播します。これらのコピーはディスクにも保存されます。
  7. LDRサービスが、オブジェクトが取り込まれたことを確認する「HTTP 200 OK」の応答をクライアントに返します。