指標の使用と診断の実行

問題をトラブルシューティングする際、テクニカル サポートと協力してStorageGRIDシステムの詳細な指標とグラフを確認することができます。また、構築済みの診断クエリを実行して、StorageGRIDシステムの主要な指標値をプロアクティブに評価できます。

[Metrics]ページ

[Metrics]ページでは、PrometheusとGrafanaのユーザ インターフェイスにアクセスできます。Prometheusは指標を収集するオープンソース ソフトウェアです。Grafanaは指標を視覚化するオープンソース ソフトウェアです。
注意: [Metrics]ページで提供されているツールは、テクニカル サポート用です。これらのツールの一部の機能やメニュー項目は、意図的に機能しないようになっており、変更されることがあります。

[Metrics]ページ

[Metrics]ページの[Prometheus]セクションにあるリンクから、StorageGRIDの指標の現在の値を照会したり、値の経時的なグラフを表示したりできます。


[Metrics]ページ - Prometheus
注: 名前に_private_が含まれる指標は内部専用で、StorageGRIDの次のリリースまでに予告なく変更されることがあります。

[Metrics]ページの[Grafana]セクションにあるリンクから、StorageGRIDの指標の経時的なグラフを表示する構成済みのダッシュボードにアクセスできます。


[Metrics]ページ - Grafana

[Diagnostics]ページ

[Diagnostics]ページでは、グリッドの現在の状態に対して一連の構成済み診断チェックが実行されます。次の例では、すべての診断が[Normal]ステータスになっています。


[Support]の[Diagnostics]ページ

特定の診断をクリックすると、その診断の詳細と現在の結果が表示されます。

次の例では、StorageGRIDシステム内のすべてのノードの現在のCPU利用率が示されています。すべてのノードの値が[Attention]と[Caution]のしきい値を下回っているため、診断の全体的なステータスが[Normal]となっています。


[Support]の[Diagnostics]ページから表示された[CPU utilization]