オブジェクトとは

オブジェクト ストレージでは、ストレージの単位がファイルやブロックではなく、オブジェクトになります。ファイルシステムやブロック ストレージのツリー階層とは異なり、オブジェクト ストレージでは、フラットで構造化されていないレイアウトでデータが編成されます。オブジェクト ストレージでは、データの物理的な場所と、データを格納および読み出す方法が切り離されています。

オブジェクトベースのストレージ システムに格納された各オブジェクトには、オブジェクト データとオブジェクト メタデータという2つの要素があります。


Object

オブジェクト データ

写真、映画、診療記録など、あらゆるものが含まれます。

オブジェクト メタデータ

オブジェクト メタデータは、オブジェクト メタデータについて記述した情報です。オブジェクト メタデータには、次のような情報が含まれます。
  • システム メタデータ(オブジェクトのIDと名前、コンテナまたはバケットの名前、テナント アカウントの名前またはID、オブジェクトの論理サイズ、オブジェクトの作成日時と最終更新日時など)。
  • 各オブジェクト コピーまたはイレイジャー コーディング フラグメントの現在の格納場所。
  • オブジェクトに関連付けられているユーザ メタデータ。
オブジェクト メタデータは、使用するアプリケーションに合わせて柔軟にカスタマイズおよび拡張できます。