StorageGRIDのILMルールによるオブジェクトの管理

グリッド管理者が情報ライフサイクル管理(ILM)ルールを作成して、S3 REST APIクライアント アプリケーションからStorageGRIDシステムに取り込まれたオブジェクト データを管理します。これらのルールは、以降のオブジェクト データを格納する方法と場所を指定するために、ILMポリシーに追加されます。

ILMの設定により、オブジェクトの次の内容が決まります。

格納場所
StorageGRIDシステム(ストレージ プール)内またはクラウド ストレージ プールでのオブジェクトのデータの場所
ストレージ グレード
オブジェクト データの格納に使用されるストレージのタイプ(フラッシュや回転式ディスクなど)
損失に対する保護
作成されるコピーの数とタイプ(レプリケーション、イレイジャー コーディング、またはその両方)
保持
オブジェクトのデータの管理方法、格納場所、損失からの保護方法の経過時間に基づく変更方法
取り込み中の保護
取り込み中にオブジェクト データを保護する方法。同期配置(取り込み動作にBalancedオプションまたはStrictオプションを使用)または中間コピー作成(Dual commitオプションを使用)のいずれかです。

ILMルールによって、オブジェクトをフィルタして選択できます。S3を使用して取り込まれたオブジェクトは、ILMルールによって次のメタデータに基づいてフィルタできます。

ILMの詳細については、StorageGRIDの管理ガイドで情報ライフサイクル管理によるオブジェクトの管理を参照してください。