Upload Part - Copy

Upload Part - Copy処理は、データ ソースとしての既存のオブジェクトからデータをコピーすることで、オブジェクトのパートをアップロードします。

Upload Part - Copy処理には、すべてのAmazon S3 REST APIの動作が実装されています。

この要求は、StorageGRIDシステム内でx-amz-copy-source-rangeで指定されたオブジェクト データの読み取りと書き込みを行います。

次の要求ヘッダーがサポートされています。

サーバ側の暗号化を行うための要求ヘッダー

Initiate Multipart Upload要求にSSE-C暗号化を指定した場合は、各Upload Part - Copy要求に次の要求ヘッダーも含める必要があります。
  • x-amz-server-side-encryption-customer-algorithmAES256を指定します。
  • x-amz-server-side-encryption-customer-key:Initiate Multipart Upload要求で指定した暗号化キーを指定します。
  • x-amz-server-side-encryption-customer-key-MD5:Initiate Multipart Upload要求で指定したMD5ダイジェストを指定します。
ソース オブジェクトがユーザ指定のキーを使用して暗号化されている場合(SSE-C)は、オブジェクトを復号化してコピーできるように、Upload Part - Copy要求に次の3つのヘッダーを含める必要があります。
  • x-amz-copy-source-server-side-encryption-customer-algorithmAES256を指定します。
  • x-amz-copy-source-server-side-encryption-customer-key:ソース オブジェクトを作成する際に指定した暗号化キーを指定します。
  • x-amz-copy-source-server-side-encryption-customer-key-MD5:ソース オブジェクトを作成する際に指定したMD5ダイジェストを指定します。
注意: 指定した暗号化キーがどこかに格納されることはありません。暗号化キーを紛失すると、対応するオブジェクトが失われます。ユーザ指定のキーを使用してオブジェクト データを保護する場合は、事前にサーバ側の暗号化の使用に記載されている考慮事項を確認してください。

バージョン管理

マルチパート アップロードは、アップロードの開始、アップロードのリストの表示、パートのアップロード、アップロードしたパートのアセンブル、およびアップロードの完了の個別の処理に分けられます。Complete Multipart Upload処理が実行されると、オブジェクトが作成されます(該当する場合はバージョン管理されます)。