Initiate Multipart Upload

Initiate Multipart Upload処理は、オブジェクトのマルチパート アップロードを開始し、アップロードIDを返します。

x-amz-storage-class要求ヘッダーがサポートされています。x-amz-storage-classで送信される値はStorageGRIDが取り込み時にオブジェクト データを保護する方法に影響し、StorageGRIDシステムに格納されるオブジェクトの永続的コピーの数(ILMで決定)には影響しません。

取り込まれたオブジェクトに一致するILMルールの取り込み動作がStrictオプションに指定されている場合、x-amz-storage-classヘッダーの値は無視されます。

x-amz-storage-classには次の値を使用できます。

次の要求ヘッダーがサポートされています。

注: StorageGRIDでのUTF-8文字の処理については、PUT Objectに関するドキュメントを参照してください。

サーバ側の暗号化を行うための要求ヘッダー

マルチパート オブジェクトをサーバ側の暗号化で暗号化するには、次の要求ヘッダーを使用します。SSEオプションとSSE-Cオプションを同時に指定することはできません。

  • SSEStorageGRIDで管理される一意のキーでオブジェクトを暗号化する場合は、Initiate Multipart Upload要求で次のヘッダーを使用します。Upload Part要求ではこのヘッダーを指定しないでください。
    • x-amz-server-side-encryption
  • SSE-C:ユーザが指定および管理する一意のキーでオブジェクトを暗号化する場合は、Initiate Multipart Upload要求(および後続の各Upload Part要求)で、次の3つのヘッダーをすべて使用します。
    • x-amz-server-side-encryption-customer-algorithmAES256を指定します。
    • x-amz-server-side-encryption-customer-key:新しいオブジェクトの暗号化キーを指定します。
    • x-amz-server-side-encryption-customer-key-MD5:新しいオブジェクトの暗号化キーのMD5ダイジェストを指定します。
    注意: 指定した暗号化キーがどこかに格納されることはありません。暗号化キーを紛失すると、対応するオブジェクトが失われます。ユーザ指定のキーを使用してオブジェクト データを保護する場合は、事前にサーバ側の暗号化の使用に記載されている考慮事項を確認してください。

サポートされない要求ヘッダー

次の要求ヘッダーはサポートされていません。指定した場合はXNotImplementedが返されます。

バージョン管理

マルチパート アップロードは、アップロードの開始、アップロードのリストの表示、パートのアップロード、アップロードしたパートのアセンブル、およびアップロードの完了の個別の処理に分けられます。Complete Multipart Upload処理が実行されると、オブジェクトが作成されます(該当する場合はバージョン管理されます)。