概要:クライアント接続のIPアドレスとポート

クライアント アプリケーションは、グリッド ノードのIPアドレスとそのノード上のサービスのポート番号を使用してStorageGRIDに接続します。ハイアベイラビリティ(HA)グループが設定されている場合は、HAグループの仮想IPアドレスを使用して接続することもできます。

クライアント接続に必要な情報

次の表は、クライアントからStorageGRIDへの各種接続方法と、それぞれに使用されるIPアドレスとポートをまとめたものです。詳細については、StorageGRID管理者にお問い合わせください。この情報をGrid Managerで確認する方法については、StorageGRIDの管理手順を参照してください。
接続が確立される場所 クライアントの接続先サービス IPアドレス ポート
HAグループ ロード バランサ HAグループの仮想IPアドレス
  • ロード バランサ エンドポイントのポート
HAグループ CLB
注: CLBサービスは廃止されました。
HAグループの仮想IPアドレス
デフォルトのSwiftポート:
  • HTTPS:8083
  • HTTP:8085
管理ノード ロード バランサ 管理ノードのIPアドレス
  • ロード バランサ エンドポイントのポート
ゲートウェイ ノード ロード バランサ ゲートウェイ ノードのIPアドレス
  • ロード バランサ エンドポイントのポート
ゲートウェイ ノード CLB
注: CLBサービスは廃止されました。
ゲートウェイ ノードのIPアドレス
注: CLBおよびLDRのHTTPポートはデフォルトでは有効になっていません。
デフォルトのSwiftポート:
  • HTTPS:8083
  • HTTP:8085
ストレージ ノード LDR ストレージ ノードのIPアドレス
デフォルトのSwiftポート:
  • HTTPS:18083
  • HTTP:18085

Swiftクライアントをゲートウェイ ノードのHAグループのロード バランサ エンドポイントに接続するには、次の構造のURLを使用します。
  • https://<VIP-of-HA-group>:<LB-endpoint-port>
たとえば、HAグループの仮想IPアドレスが192.0.2.6で、Swiftロード バランサ エンドポイントのポート番号が10444の場合、Swiftクライアントは次のURLを使用してStorageGRIDに接続できます。
  • https://192.0.2.6:10444

クライアントがStorageGRIDへの接続に使用するIPアドレスにDNS名を設定することができます。ローカルのネットワーク管理者にお問い合わせください。