ローカル ユーザの管理

ローカル ユーザを作成してローカル管理者グループに割り当て、ユーザがどのTenant Manager機能にアクセスできるかを決定することができます。Tenant Managerには、事前に定義された「root」という名前のローカル ユーザが含まれています。ローカル ユーザは追加および削除できますが、rootユーザを削除することはできません。

注意: StorageGRIDシステムでシングル サインオン(SSO)が有効になっている場合、ローカル ユーザはTenant Managerまたはテナント管理APIにサインインできません。ただし、クライアント アプリケーションを使用して、グループの権限に基づいてテナントのリソースにアクセスすることはできます。