メタデータ通知に含まれているオブジェクト メタデータ

次の表に、検索統合が有効になっている場合にデスティネーション エンドポイントに送信されるJSONドキュメント内のすべてのフィールドをリストします。

ドキュメント名には、バケット名、オブジェクト名、およびバージョンID(存在する場合)が含まれています。

タイプ 項目名 説明
バケットとオブジェクトの情報 bucket バケットの名前
key オブジェクト キーの名前
versionID オブジェクトのバージョン(バージョン管理されたバケット内のオブジェクトの場合)
region バケットのリージョン(例:us-east-1
システム メタデータ size HTTPクライアントが認識できるオブジェクトのサイズ(バイト単位)
md5 オブジェクトのハッシュ
ユーザ メタデータ metadata

key:value

オブジェクトのすべてのユーザ メタデータ(キーと値のペア)
タグ tags

key:value

オブジェクトに定義されているすべてのオブジェクト タグ(キーと値のペア)
注: StorageGRIDは、タグとユーザ メタデータ用に、日付と数値を文字列またはS3イベント通知としてElasticsearchに渡します。 これらの文字列を日付または数値として解釈するようにElasticsearchを設定するには、Elasticsearchの動的フィールド マッピングと日付形式マッピングの手順に従ってください。 検索統合サービスを設定する前に、インデックスの動的フィールド マッピングを有効にする必要があります。 ドキュメントにインデックスが作成されると、インデックス内のドキュメントのフィールド タイプは編集できなくなります。