プラットフォーム サービス エンドポイントとは

プラットフォーム サービス エンドポイントは、StorageGRIDがプラットフォーム サービスのターゲットとして外部リソースを使用するために必要な情報を格納します。

たとえば、StorageGRIDバケットからS3バケットにオブジェクトをレプリケートするには、バケットのURIとクレデンシャルをAWSに提供する必要があります。この情報はエンドポイントに格納されます。

プラットフォーム サービスのタイプごとに独自のエンドポイントが必要なため、使用する各プラットフォーム サービスについて少なくとも1つのエンドポイントを設定する必要があります。プラットフォーム サービス エンドポイントの定義が完了したら、サービスを有効にするための設定XMLでエンドポイントのURNをデスティネーションとして指定します。

同じエンドポイントを複数のソース バケットのデスティネーションとして使用できます。たとえば、複数のバケット間で検索を実行できるように、複数のソース バケットが同じ検索統合エンドポイントにオブジェクト メタデータを送信するように設定できます。また、複数のエンドポイントをターゲットとして使用するようにソース バケットを設定することもできます。この方法は、オブジェクトの作成に関する通知をあるSNSトピックに送信し、オブジェクトの削除に関する通知を別のSNSトピックに送信する場合などに使用します。

CloudMirrorレプリケーション用のエンドポイント

StorageGRIDは、S3バケットを表すレプリケーション エンドポイントをサポートします。このバケットは、Amazon Web Services、同一またはリモートのStorageGRID環境、あるいは別のサービスでホストされている可能性があります。

StorageGRIDシステムでホストされているS3バケットをエンドポイントとして使用するには、エンドポイントの定義でゲートウェイ ノードまたはロード バランサ エンドポイントを指定します。可能であれば、ロード バランサを使用して単一点障害を回避します。

StorageGRIDの管理手順を参照してください。

通知用のエンドポイント

StorageGRIDは、Simple Notification Service(SNS)エンドポイントをサポートします。Simple Queue Service(SQS)またはAWS Lambdaのエンドポイントはサポートされていません。

検索統合サービス用のエンドポイント

StorageGRIDは、Elasticsearchクラスタを表す検索統合エンドポイントをサポートします。Elasticsearchクラスタは、ローカル データセンターにあるか、AWSクラウドなどの別の場所でホストされている可能性があります。

検索統合エンドポイントは、Elasticsearchの特定のインデックスとタイプを参照します。StorageGRIDでエンドポイントを作成する前に、Elasticsearchでインデックスを作成しておく必要があります。作成していない場合、エンドポイントの作成に失敗します。タイプはエンドポイントの作成前に作成しておく必要はありません。StorageGRIDは、オブジェクト メタデータをエンドポイントに送信するときに必要に応じてタイプを作成します。