S3バケットの削除

Tenant Managerを使用して空のS3バケットを削除することができます。

開始する前に

タスク概要

以下の手順では、Tenant Managerを使用してS3バケットを削除する方法について説明します。テナント管理APIまたはS3 REST APIを使用してS3バケットを削除することもできます。

オブジェクトまたは最新でないオブジェクト バージョンが含まれているS3バケットは削除できません。S3バージョン管理オブジェクトを削除する方法については、StorageGRIDの管理手順を参照してください。

手順

  1. [S3] > [Buckets]を選択します。
    [Buckets]ページが表示され、既存のS3バケットがすべて表示されます。各バケットの名前、作成時間、リージョンが表形式で示されます。
  2. 削除する空のバケットを選択します。
    [Delete Bucket]ボタンが有効になります。

    [Delete Bucket]ボタン
  3. [Delete Bucket]をクリックします。
    [Delete Bucket]確認メッセージが表示されます。

    バケットの削除の確認
  4. [OK]をクリックします。
    StorageGRIDによって、バケットが空であることが確認されたあとに削除されます。この処理には数分程度かかります。

    バケットの削除の待機メッセージ

    バケットが空でない場合は、409: Conflictエラー メッセージが返されます。バケットを削除するには、事前にバケット内のオブジェクトをすべて削除する必要があります。