アラートとアラームの比較

アラート システムと従来のアラーム システムにはいくつかの類似点がありますが、アラート システムには大きなメリットがあり、使いやすさも向上しています。

StorageGRID 11.4ではアラーム システムも引き続きサポートされますが、従来のアラーム システムから新しいアラート システムに移行することを推奨します。アラートの使用を開始するにあたっては、次の表を参照して、対応する処理の実行方法を確認してください。

  アラート(新しいシステム) アラーム(従来のシステム)

アクティブなアラートまたはアラームを確認する方法

  • ダッシュボードで[Current alerts]リンクをクリックします。
  • [Nodes] > [Overview]ページでアラートをクリックします。
  • [Alerts] > [Current]を選択します。

現在のアラートの表示

  • ダッシュボードで[Legacy alarms]リンクをクリックします。
  • [Support]を選択します。次に、メニューの[Alarms (legacy)]セクションで[Current Alarms]を選択します。

従来のアラームの表示

アラートまたはアラートがトリガーされる原因

アラートは、アラート ルールのPrometheus式が特定の応答を返すかまたはしきい値に達するとトリガーされます。

アラート ルールの表示

アラームは、StorageGRID属性がしきい値に達するとトリガーされます。

アラームのトリガー ロジック(従来のシステム)

アラートまたはアラームを引き起こしている問題の解決方法

アラートの推奨される対処方法はEメール通知に記載されており、Grid Managerの[Alerts]ページでも確認できます。

必要に応じて、StorageGRIDのドキュメントで追加情報を参照できます。

アラート一覧

アラームの詳細については、属性名をクリックするか、StorageGRIDのドキュメントでアラーム コードを検索して確認できます。

アラーム一覧(従来のシステム)

解決済みのアラートまたはアラームのリストを確認する方法
  • ダッシュボードで[Recently resolved alerts]リンクをクリックします。
  • [Alerts] > [Resolved]を選択します。

解決済みのアラートの表示

[Support]を選択します。次に、メニューの[Alarms (legacy)]セクションで[Historical Alarms]を選択します。

過去のアラームとアラームの頻度の確認(従来のシステム)

設定の管理方法

[Alerts]を選択します。 次に、[Alerts]メニューのオプションを使用します。

アラートの管理

[Support]を選択します。次に、メニューの[Alarms (legacy)]セクションのオプションを使用します。

アラームの管理(従来のシステム)

必要なユーザ グループ権限

  • Grid Managerにサインインできるユーザは、現在および解決済みのアラートを表示できます。
  • サイレンス、アラート通知、アラート ルールを管理するには、Manage Alerts権限が必要です。

StorageGRIDの管理

  • Grid Managerにサインインできるユーザは、従来のアラームを表示できます。
  • アラームを確認するには、Acknowledge Alarms権限が必要です。
  • グローバルなアラームとEメール通知を管理するには、Grid Topology Page Configuration権限とOther Grid Configuration権限の両方が必要です。

StorageGRIDの管理

Eメール通知の管理方法 [Alerts] > [Email Setup]を選択します。
注: アラームとアラートは別々のシステムであるため、アラームとAutoSupportの通知に使用されるEメール設定は、アラート通知には使用されません。ただし、すべての通知に同じメール サーバを使用できます。

アラート通知の管理

[Support]を選択します。次に、メニューの[Alarms (legacy)]セクションで[Email Setup]を選択します。

アラームの通知の設定(従来のシステム)

SNMP通知の管理方法 [Configuration]を選択します。次に、メニューの[Monitoring]セクションで[SNMP Agent]を選択します。

SNMPによる監視の使用

[Configuration]を選択します。次に、メニューの[Monitoring]セクションで[SNMP Agent]を選択します。

SNMPによる監視の使用

注: SNMP通知は、すべてのアラームまたは重大度について送信されるわけではありません。

SNMP通知を生成するアラーム(従来のシステム)

通知の受信者の制御方法
  1. [Alerts] > [Email Setup]を選択します。
  2. [Recipients]セクションで、アラート発生時にEメールを受け取るEメール リストまたは個人のEメール アドレスを入力します。

アラートのEメール通知の設定

  1. [Support]を選択します。次に、メニューの[Alarms (legacy)]セクションで[Email Setup]を選択します。
  2. メーリング リストを作成します。
  3. [Notifications]を選択します。
  4. メーリング リストを選択します。

アラーム通知のメーリング リストの作成(従来のシステム)

アラームのEメール通知の設定(従来のシステム)

通知を送信する管理ノード

1つの管理ノード(優先送信者)。

StorageGRIDの管理

1つの管理ノード(優先送信者)。

StorageGRIDの管理

一部の通知を停止する方法

  1. [Alerts] > [Silences]を選択します。
  2. サイレント化するアラート ルールを選択します。
  3. サイレント化する期間を指定します。
  4. サイレント化するアラートの重大度を選択します。
  5. サイレント化する対象として、グリッド全体、単一サイト、または単一ノードを選択します。
注: SNMPエージェントを有効にしている場合、SNMPのトラップとインフォームも停止します。

アラート通知のサイレント化

  1. [Support]を選択します。次に、メニューの[Alarms (legacy)]セクションで[Email Setup]を選択します。
  2. [Notifications]を選択します。
  3. メーリング リストを選択し、[Suppress]を選択します。

メーリング リストでのアラーム通知の停止(従来のシステム)

すべての通知を停止する方法

[Alerts] > [Silences]を選択します。次に、[All rules]を選択します。

注: SNMPエージェントを有効にしている場合、SNMPのトラップとインフォームも停止します。

アラート通知のサイレント化

  1. [Configuration] > [Display Options]を選択します。
  2. [Notification Suppress All]チェック ボックスを選択します。
注: システム全体でEメール通知を停止すると、イベントトリガー型のAutoSupportメールも停止します。

システム全体でのEメール通知の停止

条件およびトリガーのカスタマイズ方法
  1. [Alerts] > [Rules]を選択します。
  2. 編集するデフォルトのルールを選択するか、[Create custom rule]を選択します。

アラート ルールの編集

カスタムのアラート ルールの作成

  1. [Support]を選択します。次に、メニューの[Alarms (legacy)]セクションで[Global Alarms]を選択します。
  2. グローバル カスタム アラームを作成して、デフォルト アラームを上書きするか、またはデフォルト アラームのない属性を監視します。

グローバル カスタム アラームの作成(従来のシステム)

個々のアラートまたはアラームを無効にする方法
  1. [Alerts] > [Rules]を選択します。
  2. ルールを選択し、[Edit rule]をクリックします。
  3. [Enabled]チェック ボックスをオフにします。

アラート ルールの無効化

  1. [Support]を選択します。次に、メニューの[Alarms (legacy)]セクションで[Global Alarms]を選択します。
  2. ルールを選択し、編集アイコンをクリックします。
  3. [Enabled]チェック ボックスをオフにします。

デフォルト アラームの無効化(従来のシステム)

グローバル カスタム アラームの無効化(従来のシステム)