アラームのトリガー例

次の例を参考に、グローバル カスタム アラームおよびデフォルト アラームのトリガー方法について理解してください。

この例では、次の表に示すように、ある属性に対してグローバル カスタム アラームとデフォルト アラームが定義されて有効になっています。
  しきい値
グローバル カスタム アラーム(有効) デフォルト アラーム(有効)
Notice >= 1500 >= 1000
Minor >= 15,000 >= 1000
Major >=150,000 >= 250,000

値が1000のときにこの属性が評価されると、アラームはトリガーされず、通知は送信されません。

グローバル カスタム アラームはデフォルト アラームより優先されます。1000という値は、グローバル カスタム アラームのどの重大度レベルのしきい値にも達していません。その結果、アラーム レベルはNormalと評価されます。

このシナリオのあとでグローバル カスタム アラームを無効にしても、何も変わりません。新しいアラーム レベルがトリガーされるためには、属性値が再評価される必要があります。

グローバル カスタム アラームが無効な状態で属性値が再評価された場合、属性値はデフォルト アラームのしきい値に照らして評価されます。その結果Noticeレベルのアラームがトリガーされ、指定した担当者にEメール通知が送信されます。