診断の実行

問題をトラブルシューティングする際、テクニカル サポートと協力してStorageGRIDシステムの診断を実行し、結果を確認することができます。

開始する前に

タスク概要

[Diagnostics]ページでは、グリッドの現在の状態について一連の診断チェックが実行されます。各診断チェックに対して、次の3つのいずれかのステータスが表示されます。

診断ステータスは現在のアラートとは関係がなく、グリッドの運用上の問題を示しているとは限りません。たとえば、アラートがトリガーされていない場合でも、診断チェックのステータスがCautionになることがあります。

手順

  1. [Support]を選択します。次に、メニューの[Tools]セクションで[Diagnostics]を選択します。
    [Diagnostics]ページに各診断チェックの結果が表示されます。次の例では、すべての診断が[Normal]ステータスになっています。

    [Support]の[Diagnostics]ページ
  2. 特定の診断についての詳細を確認するには、該当する行をクリックします。
    診断と現在の結果に関する詳細が表示されます。次の詳細が表示されます。
    • Status:この診断の現在のステータス(Normal、Attention、Caution)。
    • Prometheus query:診断にPrometheus式が使用されている場合、ステータス値の生成に使用された式 (Prometheus式はすべての診断に使用されているわけではありません)。
    • Thresholds:診断にシステム定義のしきい値が使用されている場合、Normal以外の各診断ステータスのしきい値 (しきい値はすべての診断に使用されているわけではありません)。
      注: これらのしきい値は変更できません。
    • ステータス値StorageGRIDシステム全体の診断のステータスと値を表示するテーブル。

    次の例では、StorageGRIDシステム内のすべてのノードの現在のCPU利用率が示されています。すべてのノードの値が[Attention]と[Caution]のしきい値を下回っているため、診断の全体的なステータスが[Normal]となっています。


    [Support]の[Diagnostics]ページから表示された[CPU utilization]
  3. オプション: この診断に関連するGrafanaグラフを表示するには、[Grafana dashboard]リンクをクリックします。
    このリンクは、すべての診断に対して表示されるわけではありません。
    関連するGrafanaダッシュボードが表示されます。この例では、[Node]ダッシュボードにこのノードのCPU使用率の推移と、関連するほかのGrafanaグラフが表示されています。
    注: [Support] > [Metrics]ページの[Grafana]セクションから構成済みのGrafanaダッシュボードにアクセスすることもできます。

    Grafanaの[Node]ダッシュボード
  4. オプション: Prometheus式の値の推移を示すグラフを表示するには、[View in Prometheus]をクリックします。
    診断に使用されたPrometheus式のグラフが表示されます。

    [Support] > [Diagnostics] > [Prometheus]ページ