SNMPによる監視の使用

StorageGRIDの監視に簡易ネットワーク管理プロトコル(SNMP)を使用する場合は、StorageGRIDに付属のSNMPエージェントを設定する必要があります。

機能

StorageGRIDノードは、管理情報ベース(MIB)を提供するSNMPエージェント(デーモン)を実行します。StorageGRIDのMIBには、アラートおよびアラームのテーブルと通知の定義が含まれています。各StorageGRIDノードは、MIB-IIオブジェクトのサブセットもサポートします。

最初は、すべてのノードでSNMPが無効になっています。SNMPエージェントを設定すると、すべてのStorageGRIDノードが同じ設定を受け取ります。

StorageGRIDのSNMPエージェントは、SNMPプロトコルの3つのバージョンをすべてサポートします。エージェントは、MIBへの読み取り専用アクセスをクエリに許可するほか、次の2種類のイベントベースの通知を管理システムに送信できます。
  • トラップはSNMPエージェントから送信される通知で、管理システムによる確認応答を必要としません。トラップは、StorageGRIDで何らかの問題(アラートがトリガーされたなど)が発生したことを管理システムに通知するために使用されます。

    トラップはSNMPの3つのバージョンすべてでサポートされます。

  • インフォームはトラップと似ていますが、管理システムによる確認応答を必要とします。SNMPエージェントは、一定の時間内に確認応答を受信しなかった場合に、確認応答を受信するか最大再試行回数に達するまでインフォームを再送します。

    インフォームは、SNMPv2cとSNMPv3でサポートされます。

トラップ通知とインフォーム通知が送信されるのは、次のような場合です。
  • デフォルトまたはカスタムのアラートがいずれかの重大度レベルでトリガーされた場合。アラートのSNMP通知を停止するには、アラートにサイレンスを設定する必要があります。アラート通知は、優先送信者として設定された管理ノードから送信されます。
  • 特定のアラーム(従来のシステム)が指定の重大度レベル以上でトリガーされた場合。
    注: SNMP通知は、すべてのアラーム、あるいはすべてのアラーム重大度で送信されるわけではありません。

SNMPのバージョンのサポート

次の表に、各SNMPバージョンでサポートされる機能の概要を記載します。

  SNMPv1 SNMPv2c SNMPv3
クエリ 読み取り専用MIBクエリ 読み取り専用MIBクエリ 読み取り専用MIBクエリ
クエリ認証 コミュニティ ストリング コミュニティ ストリング ユーザベース セキュリティ モデル(USM)ユーザ
通知 トラップのみ トラップとインフォーム トラップとインフォーム
通知認証 各トラップ送信先に対してデフォルトのトラップ コミュニティ ストリングまたはカスタムのコミュニティ ストリング 各トラップ送信先に対してデフォルトのトラップ コミュニティ ストリングまたはカスタムのコミュニティ ストリング 各トラップ送信先に対してUSMユーザ

制限事項

MIBへのアクセス

MIB定義ファイルは、すべてのStorageGRIDノードの次の場所にあります。

/usr/share/snmp/mibs/NETAPP-STORAGEGRID-MIB.txt