アラートのSNMP通知の設定

アラート発生時にStorageGRIDからSNMP通知を送信するには、StorageGRIDのSNMPエージェントを有効にし、トラップ送信先を設定する必要があります。

タスク概要

StorageGRIDのSNMPエージェントの有効化と設定には、Grid Manager[Configuration] > [SNMP Agent]オプションまたはグリッド管理APIのSNMPエンドポイントを使用します。SNMPエージェントは、SNMPプロトコルの3つのバージョンをすべてサポートします。

SNMPエージェントの設定方法については、SNMPによる監視の使用に関するセクションを参照してください。

StorageGRIDのSNMPエージェントを設定すると、次の2種類のイベントベースの通知を送信できるようになります。
  • トラップはSNMPエージェントから送信される通知で、管理システムによる確認応答を必要としません。 トラップは、StorageGRIDで何らかの問題(アラートがトリガーされたなど)が発生したことを管理システムに通知するために使用されます。トラップはSNMPの3つのバージョンすべてでサポートされます。
  • インフォームはトラップと似ていますが、管理システムによる確認応答を必要とします。SNMPエージェントは、一定の時間内に確認応答を受信しなかった場合に、確認応答を受信するか最大再試行回数に達するまでインフォームを再送します。インフォームは、SNMPv2cとSNMPv3でサポートされます。
トラップ通知とインフォーム通知は、重大度レベルに関係なく、デフォルトまたはカスタムのアラートがトリガーされたときに送信されます。アラートのSNMP通知を停止するには、アラートにサイレンスを設定する必要があります。アラート通知は、優先送信者として設定された管理ノードから送信されます。デフォルトでは、プライマリ管理ノードが選択されます。詳細については、StorageGRIDの管理手順を参照してください。
注: トラップ通知とインフォーム通知は、指定された重大度レベル以上で特定のアラーム(従来のシステム)がトリガーされたときにも送信されますが、SNMP通知はすべてのアラームまたは重大度について送信されるわけではありません。