現在のアラームの確認(従来のシステム)

従来のアラームは、システム属性がアラームのしきい値に達するとトリガーされます。ダッシュボードに表示される従来のアラームの数を減らす、またはクリアするには、アラームを確認済みにします。

開始する前に

タスク概要

従来のシステムのアラームが現在アクティブな場合、ダッシュボードの[Health]パネルに[Legacy alarms]リンクが表示されます。かっこ内の数字は、現在アクティブな従来のアラームの数を示します。


ダッシュボードの[Health]パネルの現在のアラーム
StorageGRID 11.4では、従来のアラーム システムが引き続きサポートされるため、新しいアラームが発生するたびに、ダッシュボードに表示される従来のアラームの数が増加します。この数は、アラームのEメール通知の送信を停止していても増加します。通常、この数は単に無視することもできますが(アラートでシステムをより正確に把握できるため)、アラームを確認済みにすることもできます。
注: または、アラート システムに完全に移行した場合は、必要に応じて従来のアラームを個別に無効にすることができます。無効にしたアラームはトリガーされなくなり、従来のアラームの数には追加されません。

確認済みにしたアラームは、1つ上の重大度レベルでトリガーされるか、解決後に再び発生しないかぎり、従来のアラームの数には含まれません。

注: アラーム システムはStorageGRID 11.4でも引き続きサポートされますが、新しいアラート システムには大きなメリットがあり、使いやすさも向上しています。

手順

  1. アラームを表示するには、次のいずれかを実行します。
    • ダッシュボードの[Health]パネルで、[Legacy alarms]をクリックします。このリンクは、アクティブなアラームがある場合にのみ表示されます。
    • [Support]を選択します。次に、メニューの[Alarms (legacy)]セクションで[Current Alarms]を選択します。
    [Current Alarms]ページが表示されます。

    [Current Alarms]ページ
  2. テーブルでサービス名をクリックします。
    選択したサービスの[Alarms]タブが表示されます([Support] > [Grid Topology] > [Grid Node] > [Service] > [Alarms])。
    アラームの確認
  3. アラームの[Acknowledge]チェック ボックスをオンにして、[Apply Changes]をクリックします。
    ダッシュボードまたは[Current Alarms]ページにアラームが表示されなくなります。
    注: アラームを確認しても、他の管理ノードには通知されません。このため、別の管理ノードからダッシュボードを表示した場合に、アクティブなアラームが引き続き表示されることがあります。
  4. 必要に応じて、確認済みのアラームを表示します。
    1. [Support]を選択します。次に、メニューの[Alarms (legacy)]セクションで[Current Alarms]を選択します。
    2. [Show Acknowledged Alarms]を選択します。
      確認済みのアラームが表示されます。

      [Current Alarms]ページでの確認済みの表示