アラームのEメール通知の設定(従来のシステム)

従来のアラーム システムのEメール通知を受信するには、受信者がメーリング リストのメンバーで、そのリストが[Notifications]ページに追加されている必要があります。通知は、指定した重大度レベルのアラームがトリガーされたとき、またはサービスの状態が変わったときにのみ、受信者にEメールを送信するように設定されています。これにより、受信者は必要な通知を受信します。

開始する前に

タスク概要

以下の設定を使用して、従来のアラームの通知を設定します。これらの設定は、アラート通知には使用されません。

Eメール アドレス(またはリスト)が複数のメーリング リストに属している場合、通知をトリガーするイベントが発生するとEメール通知は1通だけ送信されます。たとえば、重大度に関係なくすべてのアラームの通知を受信するように、組織内の管理者グループを1つ設定します。また、別のグループは、重大度がCriticalのアラームの通知のみ受け取るように設定します。両方のリストに登録されているユーザには、 Criticalレベルのアラームがトリガーされると通知が1通だけ送信されます。

手順

  1. [Support]を選択します。次に、メニューの[Alarms (legacy)]セクションで[Email Setup]を選択します。
  2. [Email]メニューから[Notifications]を選択します。
  3. [Edit](または[Insert]:最初の通知ではない場合)をクリックします。
  4. [E-mail List]で、メーリング リストを選択します。
  5. 1つまたは複数のアラーム重大度レベルとサービスの状態を選択します。
  6. [Apply Changes]をクリックします。
    選択したアラーム重大度レベルまたはサービス状態のアラームがトリガーまたは変更されると、メーリング リストに通知が送信されます。