SNMPエージェントの更新

必要に応じて、SNMP通知の無効化、コミュニティ ストリングの更新、エージェント アドレス、USMユーザ、トラップ送信先の追加や削除を行うことができます。

開始する前に

タスク概要

SNMPエージェント設定を更新した場合は、[SNMP Agent]ページの下部にある[Save]をクリックして必ず各タブでの変更をコミットする必要があります。

手順

  1. [Configuration]を選択します。次に、メニューの[Monitoring]セクションで[SNMP Agent]を選択します。
    [SNMP Agent]ページが表示されます。
  2. すべてのグリッド ノードでSNMPエージェントを無効にするには、[Enable SNMP]チェック ボックスをオフにし、[Save]をクリックします。
    すべてのグリッド ノードでSNMPエージェントが無効になります。あとでエージェントを再度有効にした場合、以前のSNMP設定がすべて引き継がれます。
  3. [System Contact]および[System Location]に入力した値を必要に応じて更新します。
  4. StorageGRIDのSNMPエージェントからのトラップおよびインフォーム通知の送信を停止する場合は、[Enable SNMP Agent Notifications]チェック ボックスをオフにします。
    このチェック ボックスをオフにすると、SNMPエージェントで読み取り専用のMIBアクセスはサポートされますが、SNMP通知は送信されなくなります。
  5. 認証が無効なプロトコル メッセージを受信したときにStorageGRIDのSNMPエージェントから認証トラップを送信しないようにするには、[Enable Authentication Traps]チェック ボックスをオフにします。
  6. SNMPv1またはSNMPv2cを使用する場合は、[Community Strings]セクションを必要に応じて更新します。
    このセクションのフィールドは、SNMPv1またはSNMPv2cでのコミュニティベースの認証に使用されます。これらのフィールドはSNMPv3には適用されません。
    注: デフォルトのコミュニティ ストリングを削除する場合は、最初にすべてのトラップ送信先でカスタムのコミュニティ ストリングを使用するように設定する必要があります。
  7. エージェント アドレスを更新する場合は、[Other Configurations]セクションの[Agent Addresses]タブを選択します。

    SNMPの[Other Configurations]の[Agent Addresses]テーブル

    このタブを使用してリスニング アドレスを指定します。リスニング アドレスは、SNMPエージェントがクエリを受信できるStorageGRIDのアドレスです。各エージェント アドレスには、インターネット プロトコル、転送プロトコル、StorageGRIDネットワーク、およびポートが含まれます。

    1. エージェント アドレスを追加するには、[Create]をクリックします。その後、SNMPエージェントの設定手順のエージェント アドレスの手順に従います。
    2. エージェント アドレスを編集するには、アドレスのラジオ ボタンを選択して[Edit]をクリックします。その後、SNMPエージェントの設定手順のエージェント アドレスの手順に従います。
    3. エージェント アドレスを削除するには、アドレスのラジオ ボタンを選択して[Remove]をクリックします。その後、[OK]をクリックしてアドレスの削除を確定します。
    4. 変更をコミットするには、[SNMP Agent]ページの下部にある[Save]をクリックします。
  8. USMユーザを更新する場合は、[Other Configurations]セクションの[USM Users]タブを選択します。

    SNMPの[Other Configurations]の[USM Users]テーブル
    このタブを使用して、MIBの照会やトラップと通知の受信を許可するUSMユーザを定義します。
    1. USMユーザを追加するには、[Create]をクリックします。その後、SNMPエージェントの設定手順のUSMユーザの手順に従います。
    2. USMユーザを編集するには、ユーザのラジオ ボタンを選択して[Edit]をクリックします。その後、SNMPエージェントの設定手順のUSMユーザの手順に従います。
      既存のUSMユーザのユーザ名は変更できません。ユーザ名を変更する必要がある場合は、ユーザを削除して新しいユーザを作成する必要があります。
      注: 送信先として選択されているユーザの権限のあるエンジンIDを追加または削除した場合、手順9の説明に従って送信先を編集または削除する必要があります。そうしないと、SNMPエージェント設定を保存したときに検証エラーが発生します。
    3. USMユーザを削除するには、ユーザのラジオ ボタンを選択して[Remove]をクリックします。その後、[OK]をクリックしてユーザの削除を確定します。
      注: 削除したユーザがトラップ送信先として選択されている場合は、手順9の説明に従って送信先を編集または削除する必要があります。そうしないと、SNMPエージェント設定を保存したときに検証エラーが発生します。

      SNMPのUSMユーザ削除エラー
    4. 変更をコミットするには、[SNMP Agent]ページの下部にある[Save]をクリックします。
  9. トラップ送信先を更新する場合は、[Other Configurations]セクションの[Trap Destinations]タブを選択します。

    SNMPの[Other Configurations]の[Trap Destinations]テーブル
    [Trap Destinations]タブで、StorageGRIDのトラップまたはインフォーム通知の送信先を定義できます。SNMPエージェントを有効にして[Save]をクリックすると、StorageGRIDは定義された各送信先への通知を開始します。通知は、アラートとアラームがトリガーされたときに送信されます。サポートされているMIB-IIエンティティ(ifDownやcoldStartなど)についての標準の通知も送信されます。
    1. トラップ送信先を追加するには、[Create]をクリックします。その後、SNMPエージェントの設定手順のトラップ送信先の手順に従います。
    2. トラップ送信先を編集するには、送信先のラジオ ボタンを選択して[Edit]をクリックします。その後、SNMPエージェントの設定手順のトラップ送信先の手順に従います。
    3. トラップ送信先を削除するには、送信先のラジオ ボタンを選択して[Remove]をクリックします。その後、[OK]をクリックして送信先の削除を確定します。
    4. 変更をコミットするには、[SNMP Agent]ページの下部にある[Save]をクリックします。
  10. SNMPエージェント設定の更新が完了したら、[Save]をクリックします。