ベースラインの設定

各種の値の正常時なレベルを記録することで、システムのベースラインを設定できます。これらのベースラインと現在値を比較することで、異常値を検出して解決することができます。

プロパティ 取得方法
平均ストレージ消費量

_____________ GB/日

_____________ %/日

Grid Managerにアクセスします。[Nodes]ページで、グリッド全体またはサイトを選択し、[Storage]タブに移動します。

[Storage Used - Object Data]グラフで、値にほとんど変化がない(線がフラットな)期間を探します。グラフにカーソルを合わせて、各日のストレージ消費量を推定します。

この情報は、システム全体または特定のデータセンターについて収集できます。

平均メタデータ消費量

_____________ GB/日

_____________ %/日

Grid Managerにアクセスします。[Nodes]ページで、グリッド全体またはサイトを選択し、[Storage]タブに移動します。

[Storage Used - Object Metadata]グラフで、値にほとんど変化がない(線がフラットな)期間を探します。グラフにカーソルを合わせて、各日のメタデータ ストレージ消費量を推定します。

この情報は、システム全体または特定のデータセンターについて収集できます。

S3 / Swiftの処理速度

_____________ 処理数/秒

Grid Managerのダッシュボードに移動します。[Protocol Operations]セクションで、[S3 rate]と[Swift rate]の値を確認します。

特定のサイトまたはノードの取り込みと読み出しの速度 / 数を確認するには、[Nodes] > [site]または[Storage Node] > [Objects]を選択します。S3またはSwiftの[Ingest and Retrieve]グラフにカーソルを合わせます。

失敗したS3 / Swift処理

_____________

[Support]を選択します。次に、メニューの[Tools]セクションで[Grid Topology]を選択します。

[API Operations]セクションで、[S3 Operations - Failed]または[Swift Operations - Failed]の値を確認します。

ILMルールによる評価速度

_____________ オブジェクト数/秒

[Nodes]ページで、[grid] > [ILM]を選択します。

[ILM Queue]グラフで、値にほとんど変化がない(線がフラットな)期間を探します。グラフにカーソルを合わせ、システムの[Evaluation rate]のベースライン値を推定します。

ILMルールによるスキャン速度

_____________ オブジェクト数/秒

[Nodes] > [grid] > [ILM]を選択します。

[ILM Queue]グラフで、値にほとんど変化がない(線がフラットな)期間を探します。グラフにカーソルを合わせ、システムの[Scan rate]のベースライン値を推定します。

クライアント処理からキューに登録されたオブジェクト数

_____________ オブジェクト数/秒

[Nodes] > [grid] > [ILM]を選択します。

[ILM Queue]グラフで、値にほとんど変化がない(線がフラットな)期間を探します。グラフにカーソルを合わせ、システムの[Objects queued (from client operations)]のベースライン値を推定します。

平均クエリ レイテンシ

_____________ ミリ秒

[Nodes] > [Storage Node] > [Objects]を選択します。[Queries]テーブルで、[Average Latency]の値を確認します。