StorageGRIDアップグレード ファイルのダウンロード

StorageGRIDシステムをアップグレードする前に、アップグレード ファイルをサービス ラップトップにダウンロードする必要があります。StorageGRIDシステムがLinuxホストに導入されている場合は、.tgzファイルまたは.zipファイルも追加でダウンロードする必要があります。

手順

  1. ネットアップのStorageGRIDダウンロード ページにアクセスします。
  2. 最新リリースをダウンロードするためのボタンをクリックするか、プルダウン メニューから別のバージョンを選択して、[Go]をクリックします。
    StorageGRIDソフトウェアのバージョンの形式は、11.x.yです。StorageGRIDのホットフィックスの形式は、11.x.y.zです。
  3. ネットアップ アカウントのユーザ名とパスワードを使用してサインインします。
  4. エンド ユーザ ライセンス契約を読んで同意します。
    選択したバージョンのダウンロード ページが表示されます。 このページには、新しいインストール ファイルとアップグレード ファイルの列が表示されます。
  5. [Upgrade]列で、使用するプラットフォームに対応したアップグレード アーカイブを選択してダウンロードします。
  6. StorageGRIDシステムがLinuxホストに導入されている場合は、使用するLinuxプラットフォームに対応した.tgzファイルまたは.zipファイルをダウンロードします。

    アップグレードを開始する前に、すべてのLinuxホストにRPMパッケージまたはDEBパッケージをインストールする必要があります。

    注: サービス ラップトップでWindowsを実行している場合は、.zipファイルを選択します。
    Linuxプラットフォーム 追加ファイル(1つ選択)
    Red Hat Enterprise LinuxまたはCentOS
    • StorageGRID-Webscale-version-RPM-uniqueID.zip
    • StorageGRID-Webscale-version-RPM-uniqueID.tgz
    UbuntuまたはDebian
    • StorageGRID-Webscale-version-DEB-uniqueID.zip
    • StorageGRID-Webscale-version-DEB-uniqueID.tgz